強打スパイクを打つためのスイング練習

練習メニュー スパイク テクニック

今回は、「強打スパイクを打つためのスイング練習」をご紹介します。

スパイクは、最も得点に結びつきやすい攻撃です。
スパイクに威力があるほど、相手のガードを破りやすいです。

しかし、スパイカーなのに、
スパイクを強く打つことができない…
と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、「強打スパイクを打つためのスイング練習」をご紹介します。

 

打ち付け練習

・ネットの前に立つ
・スパイクを打つ人は左足を出す
・スパイクを打つ時と同じように左手と右手を上げる
・トスをあげてもらいネットの下に打つ
・3本連続おこなう

この練習では、スイングのスピードを上げることができ、強くボールを叩く感覚を覚えることができます。

3本連続で打つことで、1本打った後すぐにスパイクフォームに戻さなければいけないので、フォームの形をつくるのにも有効です。

自分で上げたトスに対して打つのは自分のタイミングで打てるので打ちやすいですが、バレーボールは基本誰かからトスが上がってきます。

ですので、初期の段階として、自分ではない人からトスが上がってきたものを打つという感覚を身に付けましょう。

 

■ アドバイス①

最大限の力でボールを叩くようにしましょう。

足をついた状態で強く打つことができないと、ジャンプして強く打つことはできません。
足をついた状態で、強く打つ感覚・筋肉の使い方・体の使い方を覚えましょう。

打つ瞬間に体の力を一気にボールに伝えるには、腕・肩だけではなく、腹筋手首など全身の力を連動させることを意識してください。

もし、強く打てないという場合は、筋力が足りていない可能性があるので、トレーニングをおこなって筋力を高めるようにしましょう。

 

■ アドバイス②

下にボールを叩くので、肘を先に出してスイングするのではなく、肘を上げてから、上から下に叩きつけるようにしましょう。

肘を下げた状態で打ってしまうと、実際にスパイクを打つ時でも、肘が上がらない状態で打つ癖がついてしまいます。
ですので、肘を必ず高い所に上げてから打つようにしましょう。

 

まとめ

・左足を前に出す
・右手と左手を上に置く
・全身の力を込めて思い切り叩く
・肘が下がらないように大きくスイング

これらのことを意識して、練習をおこなうようにしてください。

私も、実際にスパイク練習の前におこなっていました。
この感覚のままスパイクを打つことで、いつもより強いスパイクが打ててました!

ぜひ、実践してみてください!


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!