自宅でできるスパイク練習

練習メニュー スパイク テクニック

今回は、「自宅でできるスパイク練習」をご紹介します。

もっと上手くなりたい…
もっと練習したい…
他の人と差を付けたい…
空いた時間に自宅で練習ができたらな…

と考えている方は、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな方におすすめの「自宅でできるスパイク練習」についてご紹介していきます。

 

タオルでスイング練習

・タオル(少し薄めのタオル)を用意する
・端っこを結ぶ
・重りが下にある状態でタオルを持ち、スイングをする

~アドバイス~
スイングした時に大きな円を描くこと意識して行いましょう。

肘が下がり、低い所でスイングをしてしまうと、円が小さくなってしまいます。
そのクセが付いてしまうと、実際にボールを打った時も低いところでスイングしてしまうので、練習の時から意識をして大きな円を描くようにしましょう。

結んだところを、遠くに投げるようなイメージで振ると、高い所で打つイメージが付きます。
この時も、バックスイングから左手を上げることを意識していきましょう。

左手を上げて左手を絞る(引く)のと同時にスイングすることで、腰の回旋の力を使って打つことが出来ます。

 

キャッチ練習

・テニスボールを用意する
・自分で上げたテニスボールをスイングの流れでキャッチする

~アドバイス~
自分で上げたテニスボールをキャッチしますが、普通にキャッチするのではなくて、スイングの流れでキャッチするようにしましょう。

ボールを掴む時と実際にボールをミートするタイミングは同じですので、トスを丁寧に上げること、自分の打点でつかむことを意識して行うようにしましょう。

肘が下がったり、低い場所でキャッチしないように、自分が一番、力が入る打点でキャッチします。
この時も、バックスイングをしっかり取るようにしましょう。

 

ペットボトルスイング練習

・ペットボトルを用意する
・ペットボトルのキャップ部分を持ってスイング

~アドバイス~
ペットボトルが重いと肩を痛めてしまうので、筋力に合った重さで行うようにしましょう。

タオルを縛った練習とほぼ同じですが、ペットボトルのキャップ部分を持ってスイングしていきます。

初めは、ペットボトル(500ml)の半分かその半分ぐらい水を入れて練習してください。

バックスイングから、左手を上げてスイングをしていきましょう。

少し重さのあるモノを持ってスイングをすることによって、スイングをする際に必要な筋肉も付けられます。

 

まとめ

今回は、「自宅でできるスパイク練習」をご紹介しました。

・タオルでスイング
・ボールキャッチ
・ペットボトルでスイング

まずは、自分の筋力、体の構造に合った、スイング・フォームを身に付けましょう。
ボールやネットがなくて練習ができるので、ぜひ家で実践してみてください。


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!