スパイクのミートが上達する3つのコツ

スパイク テクニック

今回は、「スパイクのミートが上達する3つのコツ」についてご紹介します。

スパイクにおいて重要なポイントはたくさんありますが、その中でも大切なのが「ミート」です。

強打スパイクやコース打ちなどができるのは、正しいミートができているからです。

スパイクで点数をとるためには、ミートは必要なことです。

そこで、今回は「スパイクのミートが上達する3つのコツ」についてご紹介します。

姿勢と目線をキープした状態で打つ

空中での姿勢が整っていない状態(左肩が下がっていたりなど)では、思いっきり腕の振れたスイングはできません。

スパイクの打ち終わりに体が引けて姿勢が崩れている状態や、逆に身体が前に倒れすぎている状態は、姿勢も目線もバラバラになってしまっています。

姿勢も目線もバラバラになってしまうと、ボールにしっかりと力を伝えてミートをすることが難しくなります。

ですので、しっかりとバックスイングから腕を振り上げて空中姿勢を作り、右手を振ると同時に左手を引いてスイングをするようにしましょう。

そうすることで、姿勢と目線をキープした状態でスイングが出来ます。

打ちたいポイントでコンパクトに打つ

打つ前は、リラックスした状態で、自分が打ちたいポイントで、コンパクトにスイングをして打つようにしましょう。

まずは、力はあまり意識せず、コンパクトにスイングしてミート重視で練習するようにしてみてください。

自分が打ちたいポイントに移動する

スパイクを打つときは、自分の打ちたいポイントに移動しないと良い状態でスパイクは打てません。

自分の打ちやすいトスをセッターに伝えておくことは大事ですが、毎回理想のトスがくるというのはなかなか難しいですよね。

そのような場合でも、自分が打ちたいポイントでスパイクが打てるかどうかがとても重要になります。

助走の段階で、自分が打ちやすいところに助走をするようにしましょう。

まとめ

今回は「スパイクのミートが上達する3つのコツ」についてご紹介しました。

・姿勢と目線をキープした状態で打つ
・打ちたいポイントでコンパクトに打つ
・自分が打ちたいポイントに移動する

ボールにミートするコツは3つです。

現在、ボールにミートできなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
きっと、ミートできるようになり、強いスパイクが打てるようになります。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加