スパイクを打つ時にボールにミートさせるコツ

スパイク テクニック

今回は、「スパイクを打つ時にボールにミートさせるコツ」についてご紹介します。

スパイクを打つ時に、

うまくミートできなくて指先にボールが当たってしまう…
ボールの下を叩いてしまって打ち上げてしまう…

など、弱いボールが相手のコートに入ってしまったり、アウトになってしまった経験がある方はたくさんいらっしゃると思います。

原因の1つは、手首の使い方が間違っていることにあります。

手首の使い方を間違ってしまうと、手がボールにミートしません。

そこで、今回は「スパイクを打つ時にボールにミートさせるコツ」についてご紹介します。

ミートするコツ➀ しっかりボールを見る

「ボールを見ることなんて、何回も言われてきたからできているよ!」
と思う方が多いと思います。

そうわかってはいても・・・
顔を横に向けてしまったり、前に倒してしまったりしていませんか?

このような状態になっていると、少しボールがぶれて見えてしまいます。
はっきりボールが見えていない状況でスパイクを打つと、手にボールがうまくミートしません。

ですので、スパイクを打つ瞬間までしっかりボールを見るようにしましょう。

ミートするコツ② ボールの真上から打つ

打ち上げてしまう時は、ボールの下を見てスパイクを打ってしまっています。
その結果、ボールを打ち上げてしまうのです。

ですので、セッターからトスが上がってきた時は、ボールの下ではなく、ボールの上辺りを見るようにしましょう。

打つ場所が違うだけで、ボールの軌道が変わります。

ミートするコツ③ ムチのような動きで手首を返す

スパイクを打つ時、手首をしっかり返して打つようにしましょう。

フローターサーブのように手首を押し込んでスパイクを打ってしまうと、ミートせずに上にボールが飛んでしまいます。

ムチのように手首を返して、打ち終わりの手のひらが自分の方向に向いているように打ちましょう。

ミートするコツ④ 打つ瞬間に力を加える

緊張してしまう場面や試合中になると、身体に余計な力が入ってしまいます。

このような状況では、スイングが速くなり、ボールの下を叩いてしまうケースがあります。

ですので、スパイクを打つ前の空中姿勢は、リラックスした状態で構えてスパイクを打つ時に力を加えるようにしましょう。

まとめ

今回は、「スパイクを打つ時にボールにミートさせるコツ」についてご紹介しました。

・しっかりボールを見る
・ボールの真上から打つ
・ムチのような動きで手首を返す
・打つ瞬間に力を加える

スパイクでは、これらのコツを意識することで、手にしっかりミートしてスパイクを打てるようになります!
ぜひ、実践してみてください。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加