スパイクの打点を一瞬で高くする助走のコツ

スパイク テクニック

今回は、「スパイクの打点を一瞬で高くする助走のコツ」についてご紹介します。

助走が全然ジャンプに繋がっていない…
助走をしても打点が高くならない…

と感じている方は多いのではないでしょうか?

打点を上げたいと思っている方は、自分がしているスパイク助走を思い出してみてください。

どんな助走をしていますか?動きが小さくなっていませんか?

実は、打点の高さは、助走で大きく変わります。

陸上競技の走り高跳びをしたことがありますが、
この時に、助走を変えるだけで10㎝も高く跳べたという経験があります。

ですので、バレーボールでも助走を変えるだけで、打点が格段に高くなります。

そこで、今回は「スパイクの打点を一瞬で高くする助走のコツ」についてご紹介します。

助走のコツ① 3歩助走の1歩目を大きく蹴り出す

スパイクの助走は、最後の3歩目を意識してジャンプする方が多いと思います。
ですが、最初の1歩目の助走が大切なのです。

 

3歩助走の1歩目を大きく蹴り出すことが、大きな力が生み高い打点に繋がります。

もし、助走の1歩目が小さくなってしまうと、2歩目の体の沈み込みが小さくなってしまうので、高くジャンプすることができず、打点が低くなってしまいます。

1歩目を大きく蹴り出すことで体の沈み込みが大きく深くなり、高くジャンプをすることができるため、打点が高くなります。

ですので、3歩助走の最初の1歩目を大きく蹴り出すようにしましょう。

助走のコツ② 2歩目をかかとから強く踏み込む

2歩目をかかとから強く踏み込むようにしましょう。

 

2歩目のかかとを強く地面に踏み込むことで、地面から反発をもらえ、高くジャンプすることが出来るようになります。

踏み込みが弱くなってしまうと、地面に力が伝わらないので反発がもらえず、高くジャンプすることができなくなります。

ですので、2歩目をしっかりとかかとから強く踏み込んで、高いジャンプをして打点を高くしましょう。

まとめ

今回は、「スパイクジャンプを一瞬で高くする助走のコツ」についてご紹介しました。

 

・3歩助走の1歩目を大きく蹴り出す
・2歩目をかかとから強く踏み込む

大きく蹴り出して、かかとから強く入れるという流れを体に覚えさせましょう。
大きな動きを意識しながら、ジャンプをしてみてください!

驚くほど、ジャンプの高さが変わり、打点が高くなると思います。
ぜひ、実践してみてください。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加