スパイクのインパクトを高める練習方法

練習メニュー スパイク テクニック

今回は、「スパイクのインパクトを高める練習方法」についてご紹介します。

スパイクは、ボールに強いインパクトを与えないと、気持ちよく打てないですよね…

インパクトが弱いと、弱いボールになってしまい、相手のチャンスボールとなる可能性が高くなります。

反対に、インパクトの力があればあるほど、強い攻撃が出来ます。

そこで、今回は「スパイクのインパクトを高める練習方法」についてご紹介します。

インパクトを高める練習方法①

【床に置いたボールを強く叩いてバウンドさせる】

・ボールを床に置く
・手のひらでボールを叩いてバウンドさせる

~アドバイス~
床にあるボールを弾ませようとする時、どのようにしてボールに力を加えなければいけないと思いますか?

答えは、「一瞬でボールに力を加える」です。
一瞬で力を加えることで、ボールが弾みます。

この練習で、ボールへの力の伝え方が分かるようになります。
10回バウンドできるように練習しましょう。

インパクトを高める練習方法②

【片手でボールを持って叩く】

・片手でボールを強く握る
・顔の前に持っていく
・ボールを打つ

~アドバイス~
ボールの真ん中を毎回強く叩けるようにしましょう。
そのためには、叩く場所をしっかり見ることが重要です。

動いていないボールに対して真ん中を叩くことができなければ、スパイクで真ん中を叩くことはできません。

この練習で、真ん中を叩く意識をつけるようにしましょう。

ボールを持っている片手は、ボールを強く握ります。
手首を痛めてしまう可能性があるので、ボールを持つ方もしっかり支えることが重要です。

インパクトを高める練習方法➂

【ボールを床に打ち付ける】

・ボールを上げる
・スパイクのようにボールを打つ

~アドバイス~
練習方法①と練習方法②でインパクトの仕方をしっかり覚えてから、空中にあるボールを強く叩く練習を行いましょう。

自分が持っている100%の力で、床に打ち付けるようにしてください。
床に打ち付けたボールを天井に当てるくらいのイメージで行いましょう!

まとめ

今回は、「スパイクのインパクトを高める練習方法」についてご紹介しました。

・床に置いたボールを強く叩いてバウンドさせる
・片手でボールを持って叩く
・ボールを床に打ち付ける

これらの練習を行い、インパクトを高めていきましょう!
地上で強く打てるようにならなければ、空中で打つことはできません。

全身を使って力強くインパクトするようにしましょう。


LINE友達登録で人気DVDの半額クーポンプレゼント!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、人気講師“熊崎雅文”の「バレーボール指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』」が半額になるクーポンをプレゼント!

友だち追加