スパイクの打点を高くするニ―ジャンプトレーニング

練習メニュー スパイク テクニック

今回は、「スパイクの打点を高くするニ―ジャンプトレーニング」をご紹介します。

・他の選手よりスパイクの打点が低いな…
・ジャンプ力がない…
・もっと高くジャンプしたい…

と悩んでおられる方は多いのではないでしょうか?

そんな方は、股関節を使ってジャンプできていない可能性があります。

ここで、「なぜ股関節を使ってジャンプしないといけないの?」と疑問をもった方がいらっしゃると思います。

股関節を使ってジャンプできないと、
①体幹がブレる
②ジャンプ力が発揮できない
このようなことが起こってしまいます。

使う関節が多いほど、ジャンプをするパワーを引き出します。
ですので、股関節を使っているのと使っていないのでは、ジャンプ力に大きな差が生まれるというわけです。

つまり、股関節を上手に使えるようになれば、今より高くジャンプできるようになり、高い打点からスパイクを打つことができるのです!

それでは、「スパイクの打点を高くするニ―ジャンプトレーニング」をご紹介していきたいと思います。

ニ―ジャンプトレーニングとは?

ニ―ジャンプトレーニングとは、膝立ちの状態からジャンプするトレーニングです。

このトレーニングは、二―アップジャンプと勘違いされやすいです。

・ニ―アップジャンプ → 腿上げジャンプ
・ニ―ジャンプ → 膝立ちの状態からジャンプ

今回は、ニ―ジャンプのトレーニングです。

ニ―ジャンプのメリット

①ジャンプ力アップ
②ジャンプの疲労軽減

足の力だけで跳んでしまうと、足が疲れてしまいます。

しっかり体幹と股関節を使う事で、疲労軽減になります。

ニ―ジャンプの方法

①膝立ちの状態で座る
②3つの関節(膝・股関節・肩)を使ってジャンプして立つ

初めはつま先を立ててもOKですが、慣れてきたらつま先を寝かして、負荷を上げてトレーニングを行いましょう。

この時に注意をしなければいけないのが、身体を倒さないことです。

姿勢は、真っすぐにしておこないましょう。

身体を倒してしまうと股関節が使えなくなってしまい、ジャンプ力が上がりません。

初めは難しく感じるかもしれませんが、やり続けることによって膝関節を使ったジャンプが身に付きます。

現在できない方は、筋肉がないからではなくて、股関節を使う癖がついていないからです。

このトレーニングを行い、股関節を使えるようにしましょう。

まとめ

今回は、「スパイクの打点を高くするニ―ジャンプトレーニング」についてご紹介しました。

・使う関節が多いほど、ジャンプをするパワーを引き出せる
・股関節を使ってジャンプすることで疲労軽減になる

ニ―ジャンプを行い、股関節を使ってジャンプできるようにしましょう。
きっと、ジャンプ力がアップし、打点も高くなります。

ぜひ、実践してみてください!