バックアタックする時の注意点は?3つのポイントを解説!

スパイク テクニック 林 みろ吉

「バックアタックが上手くなりたい!」

「スパイクする時に意識するべきポイントがあるのか…」

「バックアタックする時の注意点を教えて欲しい!」

アタッカーの中にはバックアタックを習得し、攻撃方法を増やしたい人がいるでしょう。

バックアタックは後衛から攻撃に参加でき、相手チームの選手の意表を突けます。

しかし、アタッカー自身が注意するべきポイントがいくつかあります。

練習の時から注意点を意識し、身につける必要があるでしょう。

今回の記事では、バックアタックする時の注意点を解説します。

この記事を読み終わった人は、バックアタックに自信を持てるでしょう。

バックアタックで注意すべき3つのポイント

バックアタックで注意すべきポイントは、「アタックラインを踏まない」「強引にスパイクしない」「同じコースに連続してスパイクしない」の3つです。

アタッカー注意点を留意し、多くの得点を取りましょう。

ポイント①アタックラインを踏まない

1つ目はアタックラインを踏まないことです。なぜなら、ラインを踏んでしまうと反則になるからです。

例えば、スパイクする際に片足がラインを踏んでしまった場合、反則を取られ相手に点数が入ります。

そのため、アタッカーはアタックラインの場所を把握した上でスパイクする必要があります。

 

アタッカーは、アタックラインより手前でスパイクします。

ただし、スパイク後にラインを踏んだり、越えたりしても反則になりません。

アタックラインを正確に把握し、安定したスパイクができるようにしましょう。

ポイント②同じ威力でスパイクしない

2つ目は同じ威力でスパイクしないことです。

なぜなら、相手のブロッカーやレシーバーにボールを拾われる可能性が高くなるからです。

例えば、連続で同じ威力のボールが飛んできた場合、対応しやすくなります。

さらに、正確なレシーブができ、素早く反撃に転じられるでしょう。

アタッカーはスパイクの度に威力を変え、相手の守備を崩しましょう。

 

威力を変える攻撃として、「強打」・「軟打」・「フェイント」の3つが挙げられます。

3つの攻撃方法を使い分けながら攻めてみましょう。

ポイント③同じコースに連続してスパイクしない

3つ目は同じコースに連続してスパイクしないことです。

なぜなら、相手のブロッカーやレシーバーがボールに対応しやすくなるからです。

例えば、コートの左側に連続でスパイクすると、相手の選手が守りを固めます。

さらに、事前に3人のブロッカーが構え、ボールを防ぐでしょう。

同じコースに連続してスパイクすると、相手の選手に読まれてしまいます。そのため、スパイクの度にコースを打ち分けましょう。

バックアタックで必要な能力

バックアタックに必要な能力として、「技術力」「判断力」「洞察力」の3つが挙げられます。

アタッカーは3つの能力を養うために、練習から工夫する必要があるでしょう。

例えば、スパイクする際にボールを打つタイミングや位置を把握しながら練習を行います。

さらに、スパイクするタイミングで相手コートの選手の動きを確認し、空いている場所を探します。

そして、空いている場所に目掛けてボールを打ってください。

アタッカーは失敗を恐れずに何度も挑戦しましょう。試合では、練習で経験したことを活かし、積極的に攻めてください。

 

3つの能力は経験を積み重ねることで身につきます。

アタッカーは焦らずに練習を積み重ね、試合で力を発揮しましょう。

練習の際に注意点を意識しながら取り組む

練習中、アタッカーは3つの注意すべきポイントを意識しながら取り組みましょう。

試合において注意点を意識することで、有効な攻め方ができるはずです。

また、攻撃の度にスパイクが決まりやすいことを見つけられるでしょう。

練習では何度も失敗しながら、コツを掴みます。

コツを掴んだ人はスパイクコースを打ち分けたり、威力を変えたりしましょう。アタッカーは工夫しながら、オリジナルの攻め方を行ってください。