バックアタックでワンタッチを狙うコツは?注意点も含めて解説

スパイク 林 みろ吉

「バックアタックでワンタッチを狙いたい!」

「ワンタッチを狙うコツをあるのか…」

「バックアタックをする時の注意点を知りたい!」

アタッカーの中には、バックアタックでワンタッチを狙いたい人がいるでしょう。

バックアタックでワンタッチを狙えるようになると、得点を取りやすくなります。

しかし、やみくもにバックアタックをすると失点になるリスクがあります。

アタッカーはワンタッチを狙うコツを掴む必要があるでしょう。

今回の記事では、バックアタックでワンタッチを狙うコツを紹介します。

さらに、ワンタッチを狙う時の注意点も見ていきましょう。

この記事を読み終わった人は、バックアタックでワンタッチが狙いやすくなるでしょう。

バックアタックでワンタッチを狙うコツ

バックアタックでワンタッチを狙うコツとしては、「ブロッカーの動きを確認する」「思い切ったスパイクをする」「スパイクの威力を変える」の3つです。

アタッカーは3つのコツを意識しながら、スパイクをしてください。

コツ①:ブロッカーの動きを確認する

ワンタッチを狙うコツの1つ目は、ブロッカーの動きを確認することです。

相手のブロッカーの動きを確認することで、相手の隙を突けます。

例えば、バックアタックをする場合、相手の選手に位置や手の動きを確認し、スパイクコースを探します。

アタッカーはスパイクコースを見つけることができると、威力のあるボールを打ち込めるはずです。

相手のブロッカーの動きを確認しながら、有効な攻撃をしましょう。

コツ②:思い切ったスパイクをする

ワンタッチを狙うコツの2つ目は、思い切ったスパイクをすることです。

なぜなら、威力のあるボールを打てるため、得点に繋がりやすいからです。

例えば、3人のブロッカーが守備態勢に入っている場合、思い切ったスパイクをするとワンタッチを狙います。

さらに、次回の攻撃の際にブロッカーが強打を意識し、隙が生まれる可能性があります。

アタッカーは思い切った攻撃をすることで、得点に繋がりやすくなるでしょう。

攻撃で思い切った攻め方ができない方は、強引なスパイクをしないようにしましょう。

セッターからのトスが乱れると、思い切ったスパイクがしにくくなります。

スパイクをする際は、フェイントや軟打を攻撃方法に含め、さまざま攻め方をしてください。

コツ③:スパイクの威力を変える

ワンタッチを狙うコツの3つ目は、スパイクの威力を変えることです。

なぜなら、相手のブロッカーがスパイクに対応できなくなるからです。

例えば、強打と軟打のスパイクをするとブロッカーがボールに対応しにくくなります。

さらに、相手チームの守備が崩れより得点しやすくなるでしょう。

アタッカーはスパイクの威力を変えながら、相手の守備を翻弄しましょう。

他の攻撃法としては強打とフェイントを使い、相手選手の意表を突きます。

アタッカーは相手選手の意表を突きながら、有効な攻撃をしましょう。

バックアタックでワンタッチを狙う時の注意点

ワンタッチを狙う時の注意点としては、同じ攻撃をしないことです。

なぜなら、相手のブロッカーに攻撃を読まれてしまうからです。

例えば、バックアタックの度にブロッカーの手を狙った攻撃をした場合、意図的に相手選手が手を出さずにワンタッチになりません。

また、攻撃が単調になると相手チームが対策を立ててきます。

アタッカーは相手選手に攻撃を読まれないようにさまざまな攻め方をしましょう。

複数の攻撃方法ができない人は、大事な場面でバックアタックをしてください。

拮抗した場面で得点を取りたい時には、バックアタックを活用しましょう。

練習や試合で経験を積むことが大事

アタッカーは練習や試合で経験を積みながら、バックアタックの技術を磨きましょう。

バックアタックは技術だけではなく、判断力や洞察力が求められます。

この能力を身につけるためには、練習や試合で経験を積むことが最適な方法です。

アタッカーは、バックアタックが上達できるように多くの経験を積んでください。

この記事を書いた人林 みろ吉 林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。