Bクイックで大事なポイントは?3つのポイントに注目

スパイク テクニック 林 みろ吉

「Bクイックを上手く打ちたい」

「どのようなことに気をつけるべきなのか…」

「スパイクする際の大事なポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Bクイックは素早い攻撃のため、相手のブロッカーを翻弄できます。

アタッカーはセッターとタイミングを合わせることで、威力のある攻撃ができるでしょう。

しかし、セッターのトスの高さやタイミングが合わないと、有効な攻撃になりません。

アタッカーは威力のあるスパイクができるように、大事なポイントを把握しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、Bクイックで大事なポイントを解説します。

この記事を読み終わった人は、Bクイックが上手くなるでしょう。

Bクイックで大事なポイントとは?

Bクイックで大事なポイントとして、

  • スパイクのタイミングを掴む
  • ボールを打つ位置を明確する
  • セッターと話し合いを行う
  • 中途半端なプレーをしない

の4つが挙げられます。

ポイント①:スパイクのタイミングを掴む

1つ目のポイントは、スパイクのタイミングを掴むことです。なぜなら、タイミングが合わないと威力のあるスパイクにならないからです。

例えば、セッターからのトスより遅いタイミングでスパイク体勢に入った場合、ボールを打てずに失点に繋がる可能性があります。また、手でボールを上手く当てられず、威力が半減するでしょう。

アタッカーはタイミングを掴み、威力のあるスパイクをしましょう。

ポイント②:ボールを打つ位置を明確する

2つ目のポイントは、ボールを打つ位置を明確にすることです。なぜなら、手でボールを上手く当てられなくなるからです。また、狙った場所にボールを落としにくくなります。

例えば、ボールを打つ位置を把握していない場合、スパイクに安定感が無くなります。さらに、威力のあるスパイクができず、相手の選手に拾われやすくなります。

アタッカーはボールを打つ位置を明確にした上で、スパイクをしましょう。

ポイント③:セッターと話し合いを行う

3つ目のポイントは、セッターと話し合いを行うことです。なぜなら、アタッカーとセッターの連携が取れていないと、威力のあるスパイクをできないからです。また、大事な局面で相手の意表を突く攻撃ができなくなるでしょう。

例えば、毎回セッターからのトスが低い場合、アタッカーによってはスパイクしにくいでしょう。さらに、ボールがネットに当たってしまい、ミスに繋がるリスクが高くなります。

アタッカーはセッターと話し合いを行いながら、自らが打ちやすいボールの高さや位置を伝えてください。

ポイント④:中途半端なプレーをしない

4つ目のポイントは、中途半端なプレーをしないことです。なぜなら、ミスに繋がるリスクが高くなるからです。

例えば、スパイクをするタイミングが合わない場合、相手コートにボールをやみくもに入れると反撃を受ける可能性があります。

また、ダブルコンタクト等の反則プレーに繋がる恐れもあるでしょう。

アタッカーは中途半端なプレーをせず、思い切った攻撃や守備をしてください。

Bクイックにおいて必要な能力

Bクイックに必要な能力として、技術力とコミュニケーション能力が求められます。なぜなら、セッターからのトスが不安定だったり、アタッカーの打ちにくい位置だったりすると威力が判断するからです。

また、アタッカーもセッターの要望に応えなければ、威力のあるスパイクができません。

例えば、スパイクとトスのタイミングが合わない場合、有効な攻撃をしにくくなります。

また、ミスに繋がる可能性もあり、失点を増やしてしまうこともあるでしょう。

Bクイックを習得するためには、技術力とコミュニケーション能力の両方を高めてください。

日頃からアタッカーとセッターがコミュニケーションを取る

アタッカーは、セッターとコミュケーションを取ってください。

日頃から円滑なやり取りができていると、練習や試合でのプレーがスムーズになるでしょう。

また、お互いの技術が向上し、高度な攻撃にも挑戦できます。アタッカーとセッターは日頃からコミュニケーションを取りながら、遠慮せずに意見を言い合える完成を築いてください。