Bクイックが上手くなるために必要なポイントを項目ごとに紹介!

スパイク テクニック

「Bクイックを上手く打ちたい」

「どのようにすれば、上手くなるのか…」

「必要なポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Bクイックは、レフト側から素早い攻撃をするために欠かせない攻め方の1つです。

アタッカーは相手ブロッカーを翻弄できるため、得点に繋げやすくなるでしょう。

しかし、セッターからトスのタイミングや高さが合わないと、失点に繋がる恐れがあります。

アタッカーはBクイックが上手くなるために必要なポイントを把握しておくべきです。

今回の記事では、Bクイックが上手くなるために必要なポイントを項目ごとに解説します。

この記事を読み終わった人はBクイックが上手くなるはずです。

Bクイックで重要なポイント

Bクイックで重要なポイントとして「踏み切る位置」・「手でボールを当てる位置」・「ボールの速さ」の3つが挙げられます。アタッカーは各ポイントを把握することで、効率的に技術が向上できるでしょう。

ポイント①:踏み切る位置

1つ目のポイントは踏み切る位置です。なぜなら、毎回踏み切る位置が変わってしまうと安定したスパイクになりません。また、セッターのトスも安定せず、有効な攻撃ができないでしょう。

例えば、毎回踏み切る位置が異なる場合、手がボールに当たる場所が変わってしまいます。アタッカーはボールに力を伝えきれずに、威力のあるスパイクにならないでしょう。スパイクする際は踏み切る位置を同じにするようにしてください。

ポイント②:手でボールを当てる位置

2つ目のポイントは手でボールを当てる位置です。なぜなら、同じ位置でボールが当たらなければ、威力のあるスパイクになりにくいからです。

例えば、毎回トスの高さが異なる場合、アタッカーはその都度手がボールに当たる位置を変えなければなりません。また、手がボールに当たる位置が変わると、力の入れ方や伝わり方も変わってしまい、安定したスパイクにならないでしょう。

アタッカーは、手がボールに当たる位置を極力同じにできるようにセッターと練習を重ねましょう。

ポイント③:ボールの速さ

3つ目のポイントはボールの速さです。なぜなら、毎回ボールの速さが異なるとスパイクしにくいからです。また、手がボールに上手く当たらず、失点に繋がることもあるでしょう。

例えば、毎回トスの速さが異なる場合、アタッカーはスパイクするタイミングがずれしまいます。アタッカーは自らの力をボールに上手く伝えられず、有効な攻撃ができないでしょう。そのため、常にボールの速さを同じにすることで、安定したスパイクができるようになります。

アタッカーは日頃からセッターとコミュニケーションを取りながら、お互いの意見を伝え合いましょう。

Bクイックの注意点

Bクイックの注意点は、単調な攻撃にならないことです。なぜなら、相手ブロッカーに攻撃を読まれてしまい、決まりにくくなるからです。また、ブロックされることが多くなり、失点に繋がる恐れがあります。

例えば、毎回ストレートのコースにスパイクした場合、相手のブロッカーがブロックする位置を変えてきます。ブロッカーは相手の攻撃が読めるため、スパイクコースを防ぎやすくなるでしょう。

アタッカーは同じコースにスパイクをしないように、複数のコースに打ち分けましょう。

ストレートとクロスの2つのコースにランダムでスパイクすると、有効な攻撃になります。また、ボールに加える力を変えると相手の意表を突ける可能性があります。アタッカーは単調な攻撃を避け、さまざまな攻め方をしましょう。

セッターとの連携が大事

Bクイックが上手くなるためには、セッターと連携を取ることが大事です。アタッカーは、セッターと話し合いながら、打ちやすいトスの高さやタイミングを見つけましょう。ベストなタイミングや高さを把握できれば、威力のあるBクイックをできるようになります。アタッカーとセッターは一緒に練習する時間を確保しながら、Bクイックの精度を高めましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中