Bクイックでタイミングが合わなかった時の対処方法とは?注意点も踏まえて解説!

スパイク テクニック 林 みろ吉

「Bクイックの際にタイミングが合わないと焦る…」

「タイミングが合わない時にどのように対応すればよいのか…」

「Bクイックでタイミングが合わない時の対処方法を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Bクイックは通常のスパイクよりも素早い攻撃になるため、相手の意表を突ける有効な攻め方です。

アタッカーは、Bクイックをする際にセッターとタイミングを合わせなければなりません。

しかし、状況によってはトスとのタイミングが合わずに、有効な攻め方ができないこともあるでしょう。

アタッカーはタイミングが合わない時でも上手く対処できる方法を身につける必要があるでしょう。

今回の記事では、Bクイックでタイミングが合わなかった時の対処方法を紹介します。

この記事を読み終わった人は、Bクイックの技術が上達するでしょう。

Bクイックでタイミングが合わなかった時の対処方法

Bクイックでタイミングが合わなかった時の対処方法としては、「ボールを相手コートへ返球する」・「フェイントをする」・「ワンタッチを狙う」・「ボールを自陣へ戻す」が挙げられます。

方法①:ボールを相手コートへ返球する

1つ目は、ボールを相手コートへ返球する方法です。なぜなら、ボールを相手コートへ戻すことで次のプレーに繋げることができるからです。

例えば、ボールを相手コートに返した場合、攻撃を防ぎ得点に繋げられます。また、再度味方が有効な攻撃をできるチャンスになるでしょう。アタッカーはボールを相手コートに返球し、味方の守備・攻撃態勢を整えてください。

方法②:フェイントをする

2つ目はフェイントをする方法です。なぜなら、相手ブロッカーの意表を突けるからです。

例えば、相手ブロッカーの後ろ側にボールを落とした場合、ミスを誘えます。さらに、次回以降の攻撃の際に相手選手に迷いが生じる可能性があり、得点しやすくなるでしょう。

アタッカーはフェイントを攻撃の方法に入れながら、相手選手の意表を突いてください。

方法③:ワンタッチを狙う

3つ目はワンタッチを狙う方法です。なぜなら、相手の失点に繋がる可能性があるからです。例えば、ボールが相手ブロッカーに当たった場合、軌道を読みにくくなります。また、想定しない位置に飛んでいくこともあり、相手のミスに繋がりやすくなるでしょう。

アタッカーは相手ブロッカーの手の位置を把握し、得点に繋がる攻撃をしましょう。

方法④:ボールを自陣へ戻す

4つ目は、ボールを自陣へ戻す方法です。この方法は、一度ボールをブロッカーに当てて、意図的に自陣に戻るようにします。

例えば、相手ブロッカーの手にボールを当てる場合、力を入れずにスパイクします。さらに、ブロッカーの手の位置を確認した上で、返球しやすく場所を狙います。自陣ボールが戻ると攻撃態勢を立て直せ、再度有効な攻撃がしやすくなるでしょう。

アタッカーは相手ブロッカーの手にボールを当てて、再度威力のある攻撃をしましょう。

Bクイックでタイミングが合わなかった時の注意点

Bクイックでタイミングが合わなかった時の注意点としては、強引な攻め方をしないことです。なぜなら、相手のブロッカーにブロックされるリスクが高くなるからです。また、アタッカー自身がミスをしてしまうリスクもあるでしょう。

例えば、トスとのタイミングが合わずに強引にスパイクした場合、ブロッカーに止められやすくなります。また、ボールがネットに接触し、威力のあるスパイクになりません。トスとタイミングが合わない場合は強引にスパイクせずに、ボールを相手のコートに返すことを優先しましょう。強引な攻め方をすると失点に繋がるリスクがあるため、確実な方法を取ってください。

状況に応じた攻め方をする

アタッカーは、状況に応じた攻め方ができるように練習や試合で経験を積みましょう。セッターからのトスがずれた場合はボールを返すことを優先し、次のプレーに繋げてください。練習や試合で新たな攻め方を身につけたアタッカーは、積極的にプレーに取り入れましょう。アタッカーは練習や試合で経験を積みながら、自信をつけてください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中