バックアタックでスパイクコースを防がれた時の対処方法を解説!!

スパイク 林 みろ吉

「バックアタックでスパイクコースを防がれてしまう…」

「どのように対処すればよいのかわからない…」

「スパイクコースが防がれた時の対処方法を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

バックアタックは後衛の選手が攻撃に参加でき、相手の意表を突ける方法です。

チームのエースが後衛に回った場合であっても、攻撃に加われます。

ただし、相手ブロッカーに警戒されるとブロックされやすく、失点に繋がってしまいます。

アタッカーは、スパイクコースを防がれた時に対処できる方法を理解しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、バックアタックでスパイクコースを防がれた時の対処方法をご紹介します。

この記事を読み終わった人は、バックアタックの成功率が高くなるでしょう。

バックアタックでスパイクコースを防がれた時の対処方法

バックアタックでスパイクコースを防がれた時の対処方法としては、「ワンタッチを狙う」・「ブロックアウトを狙う」・「軟打でブロッカーの後方を狙う」が挙げられます。

アタッカーは3つのポイントを理解し、有効な攻撃をしましょう。

対処方法①:ワンタッチを狙う

1つ目は、ワンタッチを狙う方法です。

なぜなら、ブロックによる失点を防ぐためです。

また、ボールがコート外に飛んでいくスパイクミスを減らせます。

例えば、強引にスパイクをした場合、相手ブロッカーに防がれてしまい、失点に繋がる恐れがあります。

さらに、強引な攻め方をするとミスに繋がりやすくなるでしょう。

拮抗した試合では1つのミスより、劣勢になるケースもあります。

アタッカーはワンタッチを狙い、次の攻撃に繋げることを意識しましょう。

ワンタッチを狙う場合は、ボールに力を入れ過ぎないようにしてください。

味方コートに返ってきたボールの勢いが強いと、レシーバーはレシーブしにくくなります。

アタッカーは力の強弱をつけながら、状況に適したスパイクをしましょう。

対処方法②:ブロックアウトを狙う

2つ目は、ブロックアウトを狙う方法です。

なぜなら、効率的に得点を取れるからです。また、相手の反撃を受ける心配がありません。

例えば、相手ブロッカーの手を目掛けてスパイクした場合、当たる場所によってコート外に飛んでいきます。

さらに、ボールがブロッカーとネットの間に落ち、得点を取れる可能性があります。

スパイクコースが無い場合は、積極的にブロックアウトを狙いましょう。

ただし、注意点として強引にスパイクをすると失点に繋がるリスクがあります。

アタッカーはブロックの弱点を見つけた上で、そのポイントに目掛けてスパイクしましょう。

対処方法③:軟打でブロッカーの後方を狙う

3つ目は、軟打でブロッカーの後方を狙う方法です。

なぜなら、相手選手の意表を突けるからです。また、相手選手同士の連携が取れていない場合に隙が生まれ、攻めやすくなります。

例えば、相手ブロッカーの後方を狙った場合、ボールへの対応が遅れしまい、コートに落ちる可能性があります。

さらに、選手同士の連携が取れていないとどちらもボールに対応できないでしょう。

アタッカーは通常のバックアタックと同じ動作から、軟打の攻撃も行いましょう。

バックアタックに取り入れるべき方法

バックアタックをする際には、フェイントによる攻撃も取り入れることをおすすめします。

相手選手が強打に対応する守り方をしている場合、フェイントに対応しにくくなります。

さらに、対応が遅れてしまいレシーブが乱れることもあるでしょう。

アタッカーはフェイントも攻撃に加えながら、多彩な攻め方をしてください。

何度もバックアタックを練習する

アタッカー、は3つのポイントを理解した上で練習することをおすすめします。

スパイクコースを防がれた時の対処方法は日頃から練習しなければ、試合で実践できません。

アタッカーはさまざまな状況でも効力のあるバックアタックができるようにしましょう。

バックアタックは何度も練習すると、徐々に技術を向上できます。

仮に、上手くプレーできない時はチームメイトからアドバイスを受けてください。

チームメイトの力を借りながら、威力のあるバックアタックを身につけましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中