Aクイックの際に注意するべき3つのポイントとは?必要な要素も解説!

スパイク テクニック 林 みろ吉

「Aクイックの決定率を上げたい!」

「どのような点に注意すればよいのかわからない…」

「Aクイックの際の重要なポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Aクイックは素早い攻撃であり、相手の守備を乱せる攻撃の1つです。

アタッカーは、タイミングを計りながらアタックの態勢を整えます。

Aクイックは通常のスパイクとは異なるため、事前に注意するべきポイントを把握しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、Aクイックの際に注意するべき3つのポイントを解説します。最後まで記事を読んだ方は、Aクイックの成功率が高くなるでしょう。

Aクイックの際に注意するべき3つのポイント

Aクイックの際には、「セッターと連携を取らない」「同じ助走を行わない」「単調な攻め方を行わない」の3つのポイントに注意しましょう。

ポイント①:セッターと連携を取らない

アタッカーはセッターと連携を取らないと、スムーズな攻撃ができません。

なぜなら、双方がタイミングを合わせた柔軟な攻撃ができないからです。

例えば、味方のレシーブが乱れた状態で通常のAクイックでスパイクした場合、手がボールに上手く当たらずに威力のある攻撃にならない可能性があります。

さらに、タイミングが合わずに失点するケースも起こり得ます。

アタッカーは日頃からセッターと連携を取りながら、スムーズな攻撃をしましょう。

ポイント②:同じ助走を行わない

アタッカーは同じ助走をすると、ブロックされる恐れがあります。

なぜなら、相手のブロッカーに攻撃を読まれてしまうからです。

また、レシーブが乱れた際に柔軟な攻撃ができず、有効な攻め方が行えないでしょう。

例えば、毎回、同じ助走距離でスパイクした場合、相手のブローカーがタイミングを掴んでしまい、ブロックされやすくなります。

レシーブが乱れた際には、通常の助走よりも距離を短くし、攻撃しなければなりません。

アタッカーは状況に応じ、助走の距離やタイミングを変える必要があるでしょう。

ポイント③:単調な攻め方を行わない

攻撃の度に同じ攻撃を行うと、相手に攻撃パターンを読まれ対処されやすくなります。

相手のブロッカーやレシーバーはアタッカーの特徴を掴み、攻撃を防ぐからです。

例えば、同じ攻撃が連続した場合、相手のブロッカーやレシーバーはポジションを定め、ボールに対応できるように構えます。

また、有効な攻撃をされないためにスパイクコースを防ぐこともあるでしょう。

アタッカーは攻撃に強弱やコースを変えながら、相手チームに読まれない攻撃を心がけてください。

Aクイックの際に必要な要素

Aクイックの際は、アタッカーとセッターの連携が取れているのかが重要です。

なぜなら、連携が取れていなければ、円滑なプレーができないからです。

また、日頃からコミュニケーションを図ることにより信頼関係が深まり、結束力も深まります。

選手同士が日頃から連携を取ることで、会話せずに次のプレーが読みやすくなります。

さらに、お互いが望んでいる考えを理解し、双方にとってベストなプレーを意識するでしょう。

アタッカーは日頃からセッターとコミュニケーションを取りながら、意見交換や自らの思いを伝えてください。

他にもセッターだけではなく、他の選手とも連携を取るとコンビプレーの幅が広くなるでしょう。

コンビプレーによる攻撃は相手の意表を突け、得点に繋がりやすいです。

攻撃の幅を広げるためにはコンビプレーも必要です。

日々の練習からコミュニケーションを取る

アタッカーは日々の練習から技術の向上を図り、試合で力を発揮しましょう。

練習では、選手同士でコミュケーションを取りながら、意見を出し合ってください。

仮に、意見がまとまらない場合は冷静に対応することを心がけましょう。

チームのまとめ役の選手を中心に話し合うと、トラブルが起こりにくいです。

一人ひとりが意見を出し合いながら、チーム全体でレベルアップを図りましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中