Aクイックの効果を上げるための方法は?3つのポイントに注目!

スパイク テクニック 林 みろ吉

「Aクイックの効果を上げたい!」

「毎回、同じ打ち方になってしまう…」

「Aクイックの効果を上げるポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Aクイックは、相手のブロッカーを翻弄する有効的な攻撃です。

アタッカーはスパイクを決めることで、チームに勢いを与えられます。

スパイクの際には、いくつかのポイントを押さえた上で攻めることが大事です。

事前にポイントを知っておくと、状況に応じた有効な攻め方ができます。

今回の記事では、Aクイックの効果を上げるための3つのポイントをご紹介します。

この記事を読み終わった人は、Aクイックの決定率が上がるでしょう。

Aクイックの効果を上げるための3つのポイント

Aクイックの場合、やみくもに攻撃すると効果のある攻撃になりません。アタッカーは攻撃の前に以下のポイントを押さえておく必要があります。

  • 打つタイミングを変える
  • 毎回狙う位置を変える
  • 打点を変える

3つのポイントについて見ていきましょう。

ポイント①:打つタイミングを変える

アタッカーは、スパイクの際に打つタイミングを変えます。

毎回、タイミングを変えることで相手ブロッカーのタイミングをずらし、スパイクコースが生まれるためです。

例えば、飛ぶタイミングを通常より少し遅くした場合、相手のブロッカーのタイミングがずれ、隙が生まれる可能性があります。

さらに、意図的にブロッカーの手にボールを当てて、スパイクコースを変えられます。

アタッカーはスパイクの度にタイミングを変えながら、攻撃を試みましょう。

ポイント②:毎回狙う位置を変える

スパイクの際には、毎回狙う位置を変えながら攻めましょう。

攻撃の度に相手の守備位置が変わり、隙が生まれる可能性があるためです。

また、選手同士が連携を取れずに失点することもあります。

例えば、レシーブの苦手な選手が守っている場合、他選手との連携が取れずに隙が生まれます。

アタッカーは隙を狙うことで、決まりやすくなるでしょう。

さらに、隙を突くことで相手チームの守備を乱せます。

Aクイックに入る前には相手の守備位置を確認した上で、狙う場所を変えましょう。

ポイント③:打点を変える

スパイクの度に打点を変えると、有効な攻め方ができます。

ブロッカーのブロックするタイミングをずらし、スパイクコースができます。また、レシーバーのレシーブを乱すことも可能です。

毎回、スパイクの打点を変えた場合、相手選手の得意な守り方を崩せます。

さらに、相手チームに隙が生まれ、攻めるポイントができます。

アタッカーは打点を変えながら、相手に的を絞らせない攻撃を行いましょう。

Aクイックの効果が低くなる行動

Aクイックで攻める場合は、同じ攻撃を行わないように注意してください。

同じ攻撃を行うことで相手選手に読まれてしまいます。

さらに簡単にボールを拾われ、反撃を受ける可能性があるでしょう。

毎回、助走位置からスパイクするコースが同じ場合、相手選手が守る位置やブロックするタイミングを把握し、守りを固めてきます。

また、強打以外の攻める方法も読み、簡単にボールを拾われてしまいます。

Aクイックで攻めるアタッカーは、同じ攻撃にならないように工夫しましょう。

アタッカーはAクイックを含めた全ての攻撃で、単調な攻撃を避けてください。

単調な攻撃は、相手選手に読まれてしまいます。

スパイクのタイミングを変えるだけでも効果があるため、実践してみましょう。

状況によって、複数の攻撃方法を行いながら、積極的に攻めることをおすすめします。

練習を繰り返しながら身につける

Aクイックの効果を上げるためには、日々練習を積み重ねることが大事です。

練習で成功と失敗を繰り返すことにより、自らに合ったポイントを掴めます。

また、セッターとタイミングを確かめ、スムーズな攻撃ができるようになります。

アタッカーはセッターと話し合いながら、タイミングを確認しましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中