ライト側から有効な攻撃をする方法とは?3つの方法をポイントごとに解説‼

スパイク テクニック 林 みろ吉

「ライト側からの攻撃を決めたい!」

「身につけておく技術は何か?」

「有効な攻撃方法を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ライト側の攻撃は、チームがより多くの得点を取るために必要な攻撃です。

スパイクする際には、多彩な攻撃方法を身につけておくことで状況に適した攻め方ができます。

今回の記事では、ライト側から有効な攻撃をする3つの方法を解説します。

この記事を読み終わった人は、ライト側からのスパイクの成功率が上がるでしょう。

ライト側からの有効な3つの攻撃方法

ライト側から攻撃する際は、複数の方法の中から適した攻め方を選択する必要があります。

攻撃方法としては、以下の主な3つの方法が挙げられます。

  • 方法①:空いたスペースに強打する
  • 方法②:ブロックアウトを狙う
  • 方法③:ネット際にフェイントする

1つずつ解説します。

方法①:空いたスペースに強打する

スパイクの際にアタッカーは相手コートを確認し、空いたスペースを積極的に狙いましょう。

状況によって、相手レシーバーの守備位置が異なり、隙が生まれる可能性があるためです。

例えば、レシーバー同士の間の距離が通常の守備よりも広い場合、ピンポイントで狙えば決まりやすくなります。

また、守備の連係が取れていない場合は相手のミスを誘えるでしょう。

アタッカーは相手の守備位置を確かめ、空いているスペースを見つけてください。

方法②:ブロックアウトを狙う

相手ブロッカーにスパイクコースを防がれている時は、ブロックアウトを狙いましょう。

通常の強打よりもブロックアウトの方が得点に繋がるためです。

相手ブロッカーの指先を狙ったボールを打った場合、相手のレシーバーが対応できない方向に飛んでいく可能性があります。

もしも、ボールに反応できたとしてもレシーブが乱れ、ミスに繋がることもあり得ます。

スパイクコースが無い場合はブロックアウトを狙い、得点を取りましょう。

ブロックアウトはスパイクコースが無い時に有効な方法である一方、相手選手に読まれてしまうと思った攻撃ができず自らのミスにより失点する恐れがあります。

アタッカーは状況によって、ブロックアウトを含めた多彩な攻撃を行いましょう。

方法③:ネット際にフェイントする

得意なスパイクコースを防がれている場合は、ネット際にフェイントを行いましょう。

ネット際のプレーは相手がレシーバーをミスしたり、反則したりするためです。

例えば、ネットに近い場所にボールを落とした場合、レシーバーの手や腕がネットに触れ、反則になる可能性があります。

さらに、レシーブが上手くいかずに自陣にボールを落とすケースもあり得ます。

ネット際にフェイントを行い、相手のミスを誘いましょう。

ライト側の攻撃を警戒された時の対処方法

相手ブロッカーにライト側の通常攻撃を防がれた場合は、強引な攻め方を行わずに返球する方法を検討しましょう。

強引な攻め方を行ったとしても、ブロックされる可能性が高いためです。

例えば、3人のブロッカーにスパイクコースを防がれている場合、無理に強打するとボールが跳ね返ってきます。

アタッカーやレシーバーはボールに反応できず、失点に繋がる恐れがあります。

相手ブロッカーにマークされている時は、ボールが自陣へ戻ってくる方法も検討しながらプレーしましょう。

相手チームに警戒されている状況では、ワンタッチを狙うと得点に繋げられます。

さらに、相手に触れたボールがポールに当たると味方の得点になります。

ブロッカーとポールの距離が近い時には、思い切って狙ってみましょう。

複数の攻撃を身につける

アタッカーは複数の攻撃方法を身につけることで、多彩かつ有効な攻撃できます。

複数の攻撃を身につけるためには、さまざまな攻撃方法を練習することが望ましいです。

また、状況を冷静に判断する能力も養うと得点に繋がる攻撃が行いやすくなります。

練習だけではなく、試合で実践しながら徐々に習得しましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中