勢いのあるバックアタックを打つコツ

スパイク テクニック

 

今回は、勢いのあるバックアタックを打つコツをご紹介したいと思います。

バックアタックとは、後衛ポジションのスパイカーがアタックラインより後ろの位置で踏み切って打つスパイクです。

このバックアタックが打てると打てないとではチームの攻撃力が大きく変わってくるので、スパイカーは打てるようになっておくべきテクニックです。

強烈なバックアタックが打てるようになるために、コツを押さえておきましょう!

 

■ バックアタックの打ち方

アタックライン手前で踏み切り、前方に幅のあるジャンプをします。

そして、体の軸がブレないように全身を大きく反らせたら、その反動を使って思い切り腕を振り抜きましょう。

ボールを見ながら相手のコートも視野に入れておくことがポイントです。

これが基本的なバックアタックの打ち方になります。

 

コツ❶ 狙うは前衛と後衛の間!

バックアタックは、前衛の選手がおとりとなって繰り出されることが多く、ブロックが付きにくいのが特徴です。

ですので、前衛と後衛の間が狙い目となります。

おとりの選手の後ろから繰り出される強烈なバックアタックは、相手にとって反応がしづらいものになります。そこへ積極的に狙い目を突いていくことで、さらに決定率のアップが期待できるでしょう。

 

コツ❷ 踏み切り時のつま先は前へ向ける!

バックアタックの大きな特徴として、「前方に幅のあるジャンプをする」というものがあります。

このジャンプの勢いがあるほど、ボールに力が乗れば大きな威力を生むことができます。

このときのコツとして、踏み切りの際のつま先の形を前へ向けるようにしましょう。

そうすることで、踏み切りの勢いをジャンプに乗せることができますよ。

 

コツ❸ アタックラインまでの距離感をつかむ!

バックアタックは、アタックラインを踏んでしまうと反則になります。

しかし、毎回アタックラインを確認していては、トスとタイミングが合わないということも起こり得ますしスムーズではないですよね。

ですので、足元を気にせずジャンプできるように、自分自身の中でアタックラインまでの距離感をつかんでおくことが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

バックアタックは、決める側も見ている側もスカッと気持ちがいいプレーですよね。

攻撃力をさらにアップさせるために、ぜひ取り組んでみてくださいね。