相手を翻弄する!ブロード攻撃

スパイク テクニック

 

今回は、コートの幅を目いっぱい使うブロード攻撃の方法とコツをご紹介したいと思います。

ブロード攻撃は、センターからライトへ走りながら片足でジャンプして打つ移動攻撃です。

また、すばやく移動しながら打つため、相手のブロッカーにマークされにくいという点がこの攻撃の特徴です。

難易度がやや高めではありますが、攻撃のバリエーションとして備えておきたいテクニックですので、身に付けておきましょう。

 

ブロード攻撃の方法

では、ブロード攻撃の一連の流れをご説明します。

セッターからトスが上がってくるタイミングで、トスを目で追いながら助走をはじめます。

トスが最も高い位置にきたら、利き手(スパイクを打つ手)と反対側の足で勢いよく踏み切り、同時に腕を振り上げて高くジャンプします。

体が横に流れていかないように意識して、高い位置からボールを思い切り打ち込みましょう。

~ワンポイントアドバイス~

トスの高さは低すぎず高すぎない位置にしましょう。低すぎてはタイミングがとりづらく、高すぎては相手のブロックがついてしまいます。

 

コツ❶ 打つ瞬間に体をひねる

ブロード攻撃では、体のひねりを使ってボールに力を伝えて打ち切ることが大切です。

通常のスパイクと違い、ブロード攻撃はサイド方向の動きになるため、助走・ジャンプの力をボールにうまく伝えることができません。

ですので、打つ瞬間にしっかりと体をひねり切るようにしましょう。こうすることで、うまく力をボールに伝えることができます。

 

コツ❷ 踏み切りと反対の足を引き上げる

ブロード攻撃のむずかしい点として、片足でジャンプするということが挙げられます。

通常のスパイクでは両足で踏み切るところを片足でおこないますので、いかに片足でも力強く踏み切れるかが重要になります。

ここで、踏み切りと反対の足に注目をしてみましょう。片足でも高くジャンプするためには、この踏み切りと反対の足を上へ引き上げるようにします。

このようにすることで、高い位置をキープすることができますよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ブロード攻撃は難易度が高めですが、身に付けておきたい攻撃テクニックです。

クイックなどの攻撃と併せることで相手をさらに惑わせることができるので、攻撃のバリエーションは多く準備しておきましょう。