menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方
  4. バレーボールで声を出すことが大切なワケ
  5. レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方とは?
  6. ブロックカバーの必要性と方法を知ろう
  7. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  8. 3人でやってみよう!対人パス練習
  9. Volleyで何ができるか、考える1
  10. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
閉じる

バレーボール強育塾

ペアでやってみよう!コントロール力アップ練習

 

今回は、ペアでおこなうコントロール力アップ練習をご紹介したいと思います。

ボールコントロール力は、どのポジションの選手でも必要不可欠な能力です。

思いどおりの方向へパスが送れるようになるために、ぜひ取り入れてみてください!初心者でも取り組んでいただきやすいメニューとなっていますよ。

バスケットのバックボードを使って正確なパスを送り合う「ボード当てパス練習」と、壁を使っておこなう「ペア壁当て練習」の2つの内容でお送りします。

 

■ ボード当てパス練習

バスケットのバックボードを使っておこなう「ボード当てパス練習」をご紹介します。

この練習では、バックボードという目標を定めてパスをすることで、コントロール力を鍛えていきます。

さらに、バックボードは高い位置にあります。ですので、コントロール力アップだけでなく、パスの飛距離アップにもつながります。

より高く遠くロングパスを飛ばせるようになると、あらゆる場面で臨機応変に対応できるようになりますよ。

 

 ~練習方法~

1.バックボードから少し離れたところに、バックボードに正対する形でペアと2~3m間隔をあけて立つ。

2.ボールをオーバーパスでバックボードにめがけて当てる

3.跳ね返ってきたボールを、ペアの相手がオーバーパスで同じようにバックボードにめがけて当てる

4.これを繰り返しおこなう

 

 ※ 慣れてきたら、バックボードから距離を離してレベルを上げてやってみましょう!

 

■ ペア壁当て練習

壁を使っておこなう「ペア壁当て練習」をご紹介します。

この練習では、試合でおこなう動作を総合的に取り入れているため、コントロール力だけではなく実戦力を身に付けることができます。

さらに、ゲーム形式でもおこなえる練習なので、楽しく取り組める工夫もできる練習になります。

 

 ~練習方法~

1.壁から少し離れたところに、壁に正対する形でペアと2~3m間隔をあけて立つ

2.通常のバレーボールのルールと同じく1ターン3回まで触ってOKとし、相手に返るように壁に向かって打つ

3.これを繰り返しおこなう

 

 ※ できる限り、レシーブ・トス・スパイクの3段攻撃で返球するようにしましょう。総合的な技術のスキルアップにつながります。

 ※ 相手にきちんと返るところを狙って当てることで、コントロール力がアップします。

 ※ ゲーム形式でおこなう際は、アウトラインなど明確に決めておこないましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今までにやったことない!おもしろそう!と思った方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

初心者にオススメのパス練習メニューはこちら↓

初心者向け!パスワーク練習法2選

 

関連記事

  1. 天皇杯・皇后杯Theファイナルについて& 冬の講習会―福島白河編…

  2. 初心者向け!パスワーク練習法2選

  3. 【ウォーミングアップ】おすすめランニングメニュー2選

  4. バレーボールの夏を追って No2

  5. 初心者におすすめ!集中力UPトレーニング

  6. -101回目のメルマガ-冬の講習会―福島白河編

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、バレーボール部のマネージャーになりたての方へ向けて、マネージャーの心得を…
  2. 【続編】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについて2メルバレの(加藤)で…
  3. こんにちは!川端健太です!前回のブログ記事は読んでもらえましたか?…

おすすめ記事

  1. バレーボール部マネージャーの2つの心得!
  2. Volleyで何ができるか、考える2
  3. ジャンプ力がアップする!チェックするタイプ別の身体の使い方

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る