バックアタックを効果的に使って得点する方法

スパイク 戦術 林 みろ吉


「後衛から攻撃に参加したいが、タイミングに迷ってしまう」
「大事な場面で確実に決めたい」
「バックアタックする時のポイントを教えてほしい!」

攻撃力の高い選手はバックアタックを習得し、どのポジションからでも攻撃に参加しようとするはずです。

バックアタックは、相手の意表を突ける有効な攻撃の1つです。

しかし、何度も後衛からスパイクすると相手に攻撃を読まれるリスクがあります。

アタッカーは状況に応じた攻撃方法を考え、実践する必要があるでしょう。

今回の記事では、バックアタックする場面や打つ時のポイントを紹介します。

この記事を読み終わった人は、バックアタックの決定率を上がることができるしょう。

バックアタックする3つの場面

バックアタックは、後衛のアタッカーが攻撃に参加できる方法です。

アタッカーは、以下の場面でバックアタックすることがあるでしょう。

相手の意表を突きたい時

前衛の攻撃方法が限られている時

試合が拮抗した時

ここでは、バックアタックする3つの場面を紹介します。

①相手の意表を突きたい場面

1つ目は相手選手の意表を突きたい場面です。

相手チームに攻撃を読まれている状況で、意表を突くことが可能です。

例えば、攻撃が読まれているローテーションの場合、後衛から有効な攻め方ができます。

また、他の選手の攻撃が決まりやすくなるでしょう。

相手の意表を突きたい時は、バックアタックで攻めることをおすすめします。

②前衛の攻撃方法が限られている場合

2つ目は、前衛の攻撃方法が限られている場面です。

セッターが前衛のローテーションに回った時、攻撃方法が限られてきます。

例えば、2人の前衛のみで攻撃する場合、攻め方が少なくなってしまい、相手に止められる可能性が高くなります。

また、単調な攻撃になり失点につながりやすくなるでしょう。

セッターはバックアタックを攻撃方法に取り入れることで、攻撃の幅が広がります。

攻撃が弱いローテーションでは、バックアタックを含めた攻撃を検討しましょう。

③試合が拮抗した場面

3つ目は、試合が拮抗した場面です。

セッターはミスが許されない状況において、エースにトスを上げる確率が高くなります。

例えば、後衛にエースが回った場合、バックアタックを使い攻撃に加えようと考えるでしょう。

また、前衛の選手にトスを上げにくい時は、後衛のエースに大事な攻撃を託します。

拮抗した試合ではバックアタックを使うと、状況が一変することがあり得ます。

エースはバックアタックを習得し、大事な場面で打てるようにしましょう。

バックアタックする時の2つのポイント

バックアタックするアタッカーは2つのポイントを押さえ、有効な攻撃を行いましょう。

2つのポイントとして、「スパイクコースを変える」「状況に応じてボールの威力を変える」が挙げられます。

ポイント①スパイクコースを変える

1つ目のポイントはスパイクコースを変えることです。

なぜなら、同じコースにボールを打ち続けるとブロックされやすくなるからです。

例えば、コートの左側に何度もスパイクした場合、事前に相手ブロッカーがコースに入り、ブロックを固めます。

また、タイミングをずらしたブロックを行い、攻撃を防ぐこともあるでしょう。

アタッカーは状況に応じてスパイクコースを変え、相手選手に攻撃を読まれないように工夫してください。

ポイント②状況に応じてボールの威力を変える

2つ目のポイントは、状況に応じてボールの威力を変えることです。

なぜなら、相手選手のブロックやレシーブのタイミングをずらせるからです。

例えば、強打に対応したブロック体制を整えている場合、軟打への対応が遅れてしまいます。

また、タイミングが合わずにボールをコートに落とすこともあります。

アタッカーは、相手チームの守備を乱しながら攻撃していきましょう。

練習でチームメイトと連携を取る

アタッカーは練習を重ねて、バックアタックの技術を習得します。

練習の際にチームメイトと連携を取りながら、攻撃パターンを増やしましょう。

前衛の選手とのコンビネーションを増やし、多彩な攻撃を仕掛けてください。