【バレーボール】試合で勝てるようになる「1セットを3つに分ける」戦略

戦術

攻守が交互に繰り返されるバレーボールの試合においては、流れをつかむということが非常に重要です。

バレーボールは1試合5セットマッチでおこなわれますが、体力的にも精神的にも3セット先取して勝てるに越したことはありませんよね。

そのためにも、1セットを確実にとっていくことが大切です。

試合で1セットを確実にとるためには、「1セットを3つに分けて考える」ということを覚えておきましょう。

今回は、バレーボールの試合で勝てるようになる「1セットを3つに分ける」戦略についてお話していきたいと思います。

まず、「1セットを3つに分けて考える」ということについてですが、これは、「前半・中盤・後半」の3つになります。

どちらかのチームが8点・16点を先取した際にテクニカルタイムアウトが自動的に取られるのですが、このテクニカルタイムアウトをポイントに3つに分けます。

  • 前半:1~8点 中盤:9~16点 後半:17~25点

ここからは、それぞれの考え方についてお話していきますね。

「1セットを3つに分ける」戦略➀前半:1~8点

1回目のテクニカルタイムアウトの8点を取れるように、レセプションからサイドアウトをしっかりと決めていきましょう。

一般的に、サーブを受ける側が得点するサイドアウトとサーブを打つ側が得点するブレイクでは、サイドアウトの方が取りやすいとされています。

サイドアウトを決めた上で、続くサーブにも集中して連続ポイントを積極的に狙っていきましょう。

「1セットを3つに分ける」戦略②中盤:9~16点

中盤では、勝っている状況と負けている状況で考え方が異なってきます。

勝っている状況

どんどん積極的な攻撃を仕掛けて点差を開けていきましょう。

相手側からすると、リードを許している状況でさらに攻められることは、精神的にも追い詰められることになります。

負けている状況

サーブ・レシーブをはじめとする1つ1つのプレーに集中しましょう。

2回目のテクニカルタイムアウトを先取することを意識しながらも、焦ってしまってはプレーにも影響が出てしまうので、落ち着いて丁寧にプレーすることが大切です。

「1セットを3つに分ける」戦略➂後半:17~25点

基本的には、勝っている状況と負けている状況でそれぞれ中盤と同じ考え方ですが、選手交代やタイムアウトも使っていきましょう。

点差があまりにも大きく開いて負けている場合はむずかしいかもしれないですが、どんな状況でも最後まで諦めない気持ちが大切です。

まとめ

今回は、バレーボールの試合で勝てるようになる「1セットを3つに分ける」戦略についてご紹介ました。

ご紹介したとおり、1セットを前半・中盤・後半に分けて考えてゲームメイクできるようになること勝利っへの1歩となります。

また、この戦略は監督だけやチーム内の1人だけ知っていても意味がありません。

必ず、チームの全員が理解して試合に挑めるようにしましょう。

戦術についてもっと詳しく知りたい方は下記をクリック!

⇒【戦術】フォーメーションを崩して点を取る必勝戦術

⇒チーム作りに必要なゲームモデルの考え方

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp