試合における「1セット」の考え方

戦術 メンタル

 

攻守が交互に繰り返されるバレーボールの試合においては、流れをつかむということが非常に重要です。

バレーボールは1試合5セットマッチでおこなわれますが、体力的にも精神的にも3セット先取して勝てるに越したことはありませんよね。

そのためにも、1セットを確実にとっていくことが大切です。

試合で1セットを確実にとるためには、「1セットを3つに分けて考える」ということを覚えておきましょう。

今回は、試合における「1セット」の考え方についてお話していきたいと思います。

 

まず、「1セットを3つに分けて考える」ということについてですが、これは、「前半・中盤・後半」の3つになります。

どちらかのチームが8点・16点を先取した際にテクニカルタイムアウトが自動的に取られるのですが、このテクニカルタイムアウトをポイントに3つに分けます。

前半:1~8点 中盤:9~16点 後半:17~25点

ここからは、それぞれの考え方についてお話していきますね。

 

■ 前半

1回目のテクニカルタイムアウトの8点を取れるように、レセプションからサイドアウトをしっかりと決めていきましょう。

一般的に、サーブを受ける側が得点するサイドアウトとサーブを打つ側が得点するブレイクでは、サイドアウトの方が取りやすいとされています。

サイドアウトを決めた上で、続くサーブにも集中して連続ポイントを積極的に狙っていきましょう。

 

■ 中盤

中盤では、勝っている状況と負けている状況で考え方が異なってきます。

勝っている状況では、どんどん積極的な攻撃を仕掛けて点差を開けていきましょう。

相手側からすると、リードを許している状況でさらに攻められることは、精神的にも追い詰められることになります。

負けている状況では、サーブ・レシーブをはじめとする1つ1つのプレーに集中しましょう。

2回目のテクニカルタイムアウトを先取することを意識しながらも、焦ってしまってはプレーにも影響が出てしまうので、落ち着いて丁寧にプレーすることが大切です。

 

■ 後半

基本的には、勝っている状況と負けている状況でそれぞれ中盤と同じ考え方ですが、選手交代やタイムアウトも使っていきましょう。

点差があまりにも大きく開いて負けている場合はむずかしいかもしれないですが、どんな状況でも最後まで諦めない気持ちが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したとおり、1セットを前半・中盤・後半に分けて考えてゲームメイクできるようになりましょう!

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!