スパイク助走のキレをアップさせるコツ

スパイク テクニック

突然ですが、力強いスパイクを打つためにはどんなことが大切だと思いますか?

体全体の力をボールに乗せること
正しいポイントでミートすること

などなど・・・思い浮かべた方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今挙げたものはもちろん大切ですが、忘れてはいけないのが「助走」です!
スパイクに入るときの助走は、スパイクの良し悪しを大きく左右すると言っても過言ではありません。

いかに助走のキレをアップさせられるかということが、力強いスパイクを打つ上ではポイントになります。
キレのある助走から、思いっきり力強いスパイクを打てるようになりましょう!

ということで、今回は「スパイク助走のキレをアップさせるコツ」をご紹介します。

 

コツ❶ トスを見る時間と助走の入りを区別する

スパイク助走のキレをアップさせるためには、トスを見る時間と助走の入りをしっかりと区別するようにしましょう。

トスが上がったら、まずはトスの勢い・速さ・落ちてくるポイント等を瞬時に確認します。
そして、トスを確認したら、テンポよく助走を始めて一気に助走に入りましょう。

この「トスを見る時間」と「助走の入り」をしっかり区別してメリハリをつけることで、助走にキレが生まれるのです。

助走にキレがない人は、トスが上がったと同時に助走を始めてしまっている傾向にありますので、このコツを押さえておきましょう!

 

コツ❷ 脇をギュッと締めて腕を振り上げる

スパイクの助走では、助走しながらバックスイングをとって、ジャンプの瞬間に腕を大きく振り上げます。

この、バックスイングから腕を振り上げるときに「脇をギュッと締める」ということを意識してみてください。

脇をギュッと締めたときの勢いを使って腕を振り上げるというイメージです。

こうすることにより、バックスイングから腕の振り上げまでの腕の動きがスピードアップし、全体的に助走も速くなります。

 

まとめ

今回は、スパイク助走のキレをアップさせるコツを2つご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

大切なポイントをもう1度おさらいしておきましょう!

~スパイク助走のキレをアップさせるコツ~

・トスを見る時間と助走の入りを区別する
・脇をギュッと締めて腕を振り上げる

たった今から意識できる簡単なコツですので、すぐにでも効果を感じられる方が出てくると思います。

今、自分のスパイクにキレがないと悩んでいたり、メリハリのある助走ができていないと感じる方は、ぜひ実践してみてくださいね!

 

【よく読まれている記事】スパイクが「かぶる」原因と改善法とは?


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!