練習効率をグンッとアップさせる「~しなければならない」を「~したい!」に変える方法

戦術 川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾代表の川端健太です!

今日は「~しなければならない」を「~したい!」に変える方法を紹介します!

練習効率を高めたい方は最後までお読みください。

ビジネスでは「~しなければならない」で仕事するのと「~したい!」で仕事するのでは「~したい!」のが生産性が倍高くなるそうです。

バレーボールでも、数字はあるかわかりませんが「~したい!」のが確実に練習効率が高くなるのはイメージできますよね?

では、具体的に「~したい!」でバレーボールするために何をすればいいかを紹介します。

今回は、二つの方法を紹介しますね!

ひとつは、『高い目標設定をする』もうひとつは、『心の呪縛を解いてプレーする』この二つです。

高い目標設定をする

まず、ひとつ目の『高い目標設定をする』から簡単に説明します。

このポイントは、

  • 『自分で決めた目標であること』
  • 『本当に達成したいこと』

これが大きなポイントです。

チームの目標は「全国大会出場」と決めてるチームが多いですが、個人の目標を設定してるチームは多くないと感じてます。

チームの目標が個人の目標と完全一致しているのであれば「~したい!」で選手はプレーします。

が、一致してなければ「~しなければならない」でプレーしてしまいます。

ですから、個人目標とチーム目標を一致させる必要あります。

心の呪縛を解いてプレーする

呪縛を解いてプレーするとは、イメージとしては子供が何も制限なく、大人に見られてない状態で伸び伸びプレーするようにプレーすることです。

この状態でプレーすると「〜しなければならない」という呪縛がほぼない。

こういう状態で練習すれば上達が早くなります。

人間、年齢を重ねると「呪縛」がドンドン増えていきます。

真面目な選手ほど「~しなければならない」でプレーしてしまい、伸び悩んでる選手が多いと思いませんか?

これを防ぐために30分でもいいから、何も制限がないバレーボールを選手達に体感させて頂けませんか?

制限がなくなると伸び伸びとプレーして覚醒する選手がいますし、「バレーボールは楽しいんだ。もっとやりたい」と忘れかけてたことを思い出してくれますから。

まとめ

今日は、「~しなければならない」を「~したい!」に変えて練習効率をグンッとアップさせる方法をシェアしました!

それは、「個人の目標に向かって練習する」「心の呪縛を解いて覚醒する」でした!

今月も最後までお読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように!

関連記事はこちら↓↓↓

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。