練習効率を高めるには、○○を明確にすることが大事

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

一気に寒くなりましたねぇ。

今日は、練習効率を高める方法をシェアしますね!

練習効率を高めたいと思ってる方は最後までお読みください。

○○を明確にする

練習効率を高めるには、改善点を明確にしてから練習することです。

当たり前ですよね?

今からの練習で何を改善するかを明確にしていないと、瞬達することは厳しいですから。

明確にしている選手は少ない

でも、これを明確にしてる選手って少ないのではないでしょうか?

あなたの教え子さんは、改善点を明確にしてますか?

「改善点を明確にしろよ!」と言っても、明確にしない選手は必ずいるとおもいます。

練習前に話す

これを防ぐために、練習前に全員に「改善点をみんなの前で話させる」といいと思います。

なんとなく練習するよりも、改善点が明確な方が瞬達しますので試してみてください。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんやお子さんが瞬達しますように!!

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。