クロスに連打する時の注意点は?実践で工夫するポイントも解説!

スパイク テクニック

  • 「クロスに連打したい!」
  • 「連打する時に注意点があれば、知りたい」
  • 「工夫するポイントを学びたい!」

アタッカーはスパイクをクロスに連打する時に、注意点や工夫できるポイントを知りたいはずです。

クロスに連打する場合は、注意点を理解し工夫する必要があります。

しかし、事前に注意点や工夫するポイントを把握しなければいけません。

アタッカーは必要な情報を把握しつつ、技術を磨くことが大事です。

今回の記事では、クロスに連打する時の注意点を紹介します。

また、実践で工夫するポイントも把握しましょう。

この記事を読み終わった人は、クロスへの連打が決まりやすくなるでしょう。

クロスに連打する時の注意点

クロスに連打する時の注意点として、

  • 「同じ場所を狙わない」
  • 「強引なスパイクを行わない」
  • 「単調な攻め方を行わない」

の3つがあります。

アタッカーはスパイクの際に、冷静な判断と臨機応変な行動が求められます。

同じ場所を狙わない

1つ目は同じ場所を狙わないことです。

なぜなら、相手のレシーバーが守りを固めるからです。

例えば、クロスの奥にスパイクを連打すると、ボールが飛んでくる前にレシーバーが守っています。

また、ブロッカーもアタッカーが同じ場所にスパイクするように誘導します。

アタッカーは同じ場所に連打せずに、狙いを変えながら攻めましょう。

強引なスパイクを行わない

2つ目は強引なスパイクを行わないことです。

なぜなら、スパイクの精度が下がってしまい、効果のある攻撃ができないからです。

例えば、トスが低い状態で強打した場合、ボールに上手く力が伝わらず、威力のあるスパイクができません。

また、ボールがネットを越えなかったり、コート外に外れたりとミスにつながるリスクがあります。

アタッカーは強引なスパイクを行わず、軟打やフェイントを含めながら多彩な攻撃を考えましょう。

単調な攻め方を行わない

3つ目は単調な攻め方を行わないことです。

なぜなら、相手の守備を崩せないからです。

また、スパイクを防がれてしまい、失点になることもあり得るでしょう。

例えば、ボールを打つ度に同じコースや同じ威力のスパイクを行った場合、相手チームが守りやすくなります。

さらに、相手ブロッカーはボールが飛んでくるコースを防ぎ、ブロックして下さい。

アタッカーは相手選手に攻撃方法が読まれないように、複数の攻め方を行いましょう。

仮に相手の選手の弱点や癖を見つけた際は、積極的に攻めて下さい。

拮抗した試合では1点を確実に取ることが大事になります。

試合で工夫するポイント

クロスに連打するアタッカーは、

  1. 「スパイクの威力を変える」
  2. 「相手のブロッカーを利用する」

の2つのポイントを試合で実行しましょう。

アタッカーは試合の状況に応じ、工夫しながら攻めることが重要です。

スパイクの威力を変える

1つ目はスパイクの力を加減することです。

スパイクの威力を変えることで、相手のブロッカーやレシーバーが守りにくくなるからです。

例えば、強打・軟打・フェイントの3つの攻撃をランダムで行った場合、相手の守備選手は攻撃が読めずに対応が遅くなります。

また、相手のレシーブーの精度が落ち、ミスにつながるでしょう。

アタッカーは相手チームの守備を崩すために、スパイクの威力を変えて下さい。

相手のブロッカーを利用する

2つ目は相手のブロッカーを利用することです。

なぜなら、スパイクが相手のコートに落ちやすくなるからです。

例えば、スパイクを相手のブロッカーの指に当て、ボールの軌道を変え、レシーバーが対応しにくくします。

また、ボールをコート外に飛ばし、ワンタッチを狙えます。

アタッカーは多彩な攻撃を仕掛け相手の守備を崩しましょう。

まとめ

アタッカーはチームメイトと様々な情報を共有しながら、練習を行いましょう。

チームメイトからのアドバイスは、アタッカー自身が気付きにくいこともあります。

そのため、アドバイスを受けながら練習を行い、実戦に臨みましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp