夢を叶えるために実践する行動

林 みろ吉 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、 あなたの教え子さんが「夢を叶えるために実践する行動を決める3ステップ」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • 夢を叶えたい!
  • 目標を達成してほしい!

そう思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

◯全国大会出場などの目標を達成する大きな一歩を踏むことができます。

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

  • 「全国大会に出たい!」
  • 「県大会に出たい!」

こういう目標をあなたの教え子さんは持っていると思います。

これらの目標を達成するためには、「何をするのか」を決める必要があります。

この「何をするのか」を「行動目標」と言います。

行動目標を決める3ステップは、

ステップ 1

問題を選ぶ

ステップ2

原因を追及する

ステップ3

成果をハッキリとする

この3ステップになります。

たとえば、こんな感じです。

全国大会を目指してるチームがあるとします。

でも、現実は、地区大会でベスト8止まり。

問題はたくさんあります。

その中から勝つために特に解決しなければならないのは、レシーブのミスをなくすことに決まりました。

そのチームは、レシーブミスが多くて失点を重ね試合に勝てない。

これが大きな問題なので、まず解決しなければならない問題として選びました。

次に、「なぜレシーブ力が弱いのか?」を考えたところ
「ボールを見ていない」という原因がわかりました。

そこで、 ボールを見ることを重点的に練習で行うように決めました。

その成果として 次の大会では、 サーブレシーブミスゼロを試合で実現すると決めました。

こんな感じが行動目標となります。

ただ、うまくなろうと思って練習するよりも具体的に何を変えるのかを決めた方が練習の成果は上がりやすくなります。

一度、選手に上記の3ステップで行動目標を決めるよう伝えてもらませんか?

まとめ

今日は、「目標を達成するためにやることを決める3ステップ」をシェアしました。

それは「問題を選ぶ」 「原因を追求する」「成果をハッキリとする」でした。

問題がはっきりしないで練習してる選手結構多いです。

これは明確にするよう伝えてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんの夢が叶いますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。