ブロックの吸い込みをなくす方法

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、「ブロックの吸い込みをなくす方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • ブロックの吸い込みをよくしてしまう
  • 腕とネットとの隙間をなくせと言っても改善できない選手がいる

こういう方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ブロック力がグンッとアップ!
  • 指導力がアップ!

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

ブロックの吸い込みの主な要因は、

  • ネットと腕が離れている
  • ブロックを飛ぶタイミングが悪い
  • 筋力が不足している

この三つが主な要因ではないかと私は考えています。

今回は、ネットと腕が離れているために吸い込むのを改善する方法をシェアしますね!

ネットから腕が離れてしまってる選手には、自分の腕はネットの近くにあると思ってる選手がいます。

こういう選手は、脳のイメージと現実ギャップがあるので、このギャップを埋める必要があります

そのギャップを埋める方法は、「ネットを軽く触る」と思ってからブロックジャンプをします。

これを行うと、腕と ネットの位置関係を脳が理解するようになります。

何度かネットを軽く触りながらブロックをしたら、次からはネットギリギリに腕を出すということをさせてみてください。

ネットと腕の距離が縮まるので!

まとめ

今日は、 「ブロックで吸い込んでしまう選手への指導方法」をシェアしました。

それはネットを軽く触ってみるでした。

脳の中のイメージと現実のギャップって、これ以外にもたくさんあります。

このギャップを埋めないとバレーボールはなかなか上手くなりません。

これからギャップを見つけて、それを改善する指導をしてあげてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのブロック力がドンドンアップしますように!

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。