ブロックのジャンプするタイミングをつかむ方法とは?

練習メニュー ブロック 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

緊急事態宣言がまた延長してしまいました。

いつになったら練習できるんでしょうか???

今日は、 「ブロックのジャンプするタイミングのつかみ方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • ブロック力を高めたい!
  • ブロックで飛ぶタイミングがわからない

そういう方のお役に立てる上達法になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ブロックのジャンプするタイミングが合うようになります。
  • バンバンブロックできるようになります

こんな嬉しいことがあるので、最後までお読みください。

ブロックのジャンプするタイミングは、 どうやって指導されてますか?

バレーボールをされている指導者さんは、ご自身はなんとなくタイミングを掴んでしまった方がみえると思います 。

私も、知らないうちにタイミングを掴んでました。

タイミングを教えるとなると、「どうだったっけ?」と考え込んでしまう人がみえるでしょう。

ブロックは、タイミング合わないとなかなか止めることができません。

飛ぶタイミングが遅くても、ブロックできることはあります。

アタッカーが、ブロックがないと勘違いして打ったら、その後にブロックが出てきて止められる。

こんなこともあります

が、こういうブロックができることもありますが、タイミングが合う方がブロックできる可能性が高くなります。

それにブロックが遅いと、レシーバーがどこでレシーブしたらいいのか迷ってしまいます。

ですから、ブロックのタイミングを合わせることは重要です。

では、どうやってジャンプするタイミングを合わせるのか、具体的な練習方法を今からシェアしますね!

具体的な練習方法とは?

この練習方法は、

  • アタッカー
  • ブロッカー
  • 観察する人

の3人で行います。

  • アタッカーは 、スパイクを打ちます。
  • ブロッカーは 、「アタッカーがどんな状態の時」に自分がジャンプしたかに意識を向けてブロックをします。
  • 観察する人は、ブロッカーのジャンプするタイミングに意識を向けて「遅い」「早い」などを教えてあげます。

「アタッカーがどんな状態の時」とは、

  • アタッカーがジャンプした時と同時に自分も飛んでいるのか?
  • アタッカーがジャンプする前に飛んでいるのか?
  • アタッカーがジャンプしてから飛んでいるのか?

これに意識を向けて、ブロックしてみてください。

ブロックしたあとは、観察する人に「遅い」「早い」などの指示をもらいます。

アタッカーと同時に飛んだ時遅いと言われたら、次のブロックではアタッカーより先にジャンプすると決めます。

で、次のブロックをします。

2回目のブロックでもブロッカーは、自分がジャンプするタイミングに意識を向けてブロックします。

2回目のブロックを終えたら、観察してくれていた人にタイミングの確認を確認します。

この時、アタッカーより先に飛んでいて「早い」と教えてもらえたら、3回目は 1回目と2回目との間にジャンプするようにします。

これを繰り返すことによって、タイミングが合ってきます。

この練習は、かなり集中力を必要とします。

ブロッカーは、「自分がいつジャンプをしたか」に意識を向けてブロックしてみてください。

そうすると、脳が最適のタイミングを見つけてくれますから。

まとめ

今日は、「ブロックのでジャンプするタイミングをつかむ方法」をシェアしました。

その方法は、アタッカーがいつ自分がジャンプしているかに意識を向けることでした。

ブロックは、 タイミングが非常に重要になります。

タイミングが少しでもずれると、ブロックできない可能性が高まります。

そのために、タイミングをつかむ練習を実践してみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのブロック力が、ドンドンアップしますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。