バレーボールを上達させる3つの絶対条件とは

川端 健太 講師一覧

こんばんは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今回で私のブログは最終回となりました。

今までお読みいただきありがとうございました!

最終回ですので、バレーボールがドンドン上手くなるために最も重要な3つのことをシェアします。

その3つのこととは、「集中」「イメージ」「ゴール設定」の3つです。

この3つを正しく行えば必ずドンドンドン上達していきます。

集中は、以前も話しましたね。

「ひとつの対象物に意識を集めること」

これが、集中です。

ひとつの対象物とは、バレーボールの場合はボールです。

つまり、ボールを正しく観ることが大切だということ。

集中すると脳が体を正しく動かしてくれます。

もちろん技術がまだ未熟であれば脳からの指令が間違っているために上手く動けないこともあります。

が、その間違った情報も脳は必要とし ます。

その間違った情報をもとに正しい身体の使い方を見つけるために必要なんです。

集中してプレイすると、正しく動けるだけでなく、この作業がスピードアップします。

だから、集中することは大事なんです。

イメージについても、 以前に話しましたよね。

イメージには、「 セルフイメージ 」「ボールの軌道のイメージ 」「フォームのイメージ」 などがあります。

これらの言葉を聞いただけで大事なのは、わかりますよね?

この3つのイメージの中で特に重要なのがセルフイメージです。

これは生きていく上でも超重要なイメージです。

是非、セルフイメージを上げてバレーボールをしてください。

そうすれば、必ずうまくなっていきますから !

脳の原理原則なので!!

ゴール設定についても以前話しましたよね。

これ大事なんですけどやってない選手多いんです

「上手くなる」というゴール設定をしてる選手は多いですが、細くどう上手くなるのかまで設定している選手は少ないです。

脳はなまけてしまう特徴があります。

上手くなると言う言葉ではあまりにも幅が広すぎます。

脳は怠けてしまうので、ちょっとうまくなっただけで、それ以上なかなかうまくならないということが起こってしまいます。

そうならないために、どんなプレイができる選手になるのかを細かく設定するようにしてください。

簡単ではありますが、今日は「バレーボールが上達するための3つの絶対条件」をシェアしました!

今日で最終回になるのはすごく寂しいです。

今までブログをお読みいただきありがとうございました。

いつかお会いできることを楽しみにしてます。

そのためにインスタなどのSNSで私を見つけてくださいね!

あなたの教え子さんがドンドンドンうまくなりますように!

応援してます!!

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。