menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1
  4. スパイクが「かぶる」原因と改善方法
  5. 【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法
  6. 力強いサーブを打つためのコツ
  7. ジャンプ力がアップするトレーニング2選
  8. バレーボール用語「パンケーキ」って何?
  9. 【バレー】世界の動きも学ぶ1
  10. 【バレー】世界の動きも学ぶ2
閉じる

バレーボール強育塾

押さえておきたいフローターサーブのコツ

 

前回の記事では、アンダーハンドサーブのコツについてご紹介しました。

アンダーハンドサーブが打てるようになれば、次のステップはフローターサーブです。

実戦で最もよく使われているサーブは、このフローターサーブだと言っても過言ではありません。

 

前回と今回でご紹介するサーブの特徴を、それぞれ確認しておきましょう。

・アンダーハンドサーブ
 確実に相手コートへ入れることを目的とした初歩のサーブ

・フローターサーブ
 コントロール・パワーなどの変化が付けやすく、打ち方の工夫が出来るサーブ

 

ある程度アンダーハンドサーブの感覚を掴めたなら、フローターサーブの練習を取り入れていきましょう。

今回は、フローターサーブ導入編ということで、押さえておきたいフローターサーブのコツをご紹介していきます。

 

■ トスを安定させる

フローターサーブを打つときは、“トスを安定させること” が非常に重要です。

トスの高さ・方向が安定すると、サーブも安定して入るようになります。

具体的なトスの位置ですが、体の軸より利き手側の斜め前 という点を意識してみてください。

(右利きの場合:体の軸より右斜め前にトスするイメージ)

トスの位置が前すぎると、打点が低くなりネットにかかりやすくなってしまうので注意が必要です。

まずは、自分が最も打ちやすいトスの位置を探し、常に同じところへ上げられるようにしましょう。

 

■ 腰の回転を使う

フローターサーブの練習をはじめる最初の段階から意識しておきたいポイントが、“腰の回転を使う” ということです。

このポイントを知っていると知らないとでは、技術に大きな差が生まれるのでぜひ実践してみてください。

最初の段階で押さえておけば、フローターサーブの習得スピードは格段にアップしますよ。

まず、トスを上げたら、肘を高い位置に保ったまま腰を後ろへ回します。

ボールが落下するタイミングで後ろに回した腰をグンッと前に戻し、その勢いを使って腕を大きく振り出しましょう。

さらに、ボールをミートするときの肘の形は軽く曲がっている状態が理想です。

このとおり腰の回転がうまく使えると、体全体の力の使ってサーブが打てるようになります。

相手を圧倒できるフローターサーブが打てることも、夢ではありません!

 

 

今回は、フローターサーブで押さえておきたいコツをご紹介しました。

前回ご紹介したアンダーハンドサーブにおいても言えることですが、サーブは完全に個人プレーです。

つまり、個人の技術を磨くことが上達のカギとなります。

サーブ練習は1人で取り組めるものが多いため、サーブを極めるぞ!という強い意欲をもって積極的に取り組んでみてください。

試合において欠かせない技術のサーブをとことん磨き、試合でたくさん活躍できる選手を目指しましょう。

 

関連記事

  1. サーブは○○を狙って打て!

  2. ごめんなさい! 五輪最終予選兼アジア大陸予選(OQT)閉幕

  3. 破壊力抜群!ジャンプサーブを習得しよう

  4. 力強いサーブを打つためのコツ

  5. バレー初心者必見!アンダーハンドサーブ上達のコツ

  6. スモールバレーボールに光を当ててみる!

バレーボール無料動画

ピックアップ記事

  1. 今回は、スパイクをコート奥に打つメリットとコツをご紹介したいと思います。…
  2. 今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。これまで、1…
  3. 【特番】(大雨)災害の中にあってのバレーボールについてこんばんは。メ…

おすすめ記事

  1. スパイクをコート奥に打つメリットとコツ
  2. 3人でやってみよう!対人パス練習
  3. Volleyで何ができるか、考える1

SNSでも情報配信中!
twitter
facebook

ページ上部へ戻る