相手のレセプションを崩すジャンプフローターサーブのコツ

サーブ テクニック

今回は、「相手のレセプションを崩すジャンプフローターサーブのコツ」についてご紹介します。

「ジャンプフローターサーブ」とは、どのようなサーブかご存じでしょうか?
フローターサーブよりボールの変化が大きいサーブです。

レシーブをしようとすると、ボールが変化して弾かれてしまいます。
レシーバーからするとかなり嫌なサーブですよね…

このジャンプフローターサーブができたら、相手のレセプションを崩せます。

フローターサーブとジャンプフローターサーブの違いを簡単に説明すると、「ジャンプ」してサーブを打つかどうかです。

ジャンプすることによって、フローターサーブより高い打点からサーブが打てます。
直線的な軌道に加えて無回転なので、空気抵抗を受けてボールが変化します。

そこで、今回は「相手のレセプションを崩すジャンプフローターサーブのコツ」についてご紹介します。

ジャンプフローターサーブのコツ①無回転のボールを打つ

ジャンプフローターサーブは、フローターサーブと同様で、無回転でサーブを打つことで空気抵抗を受けてボールが変化します。

無回転のサーブを打つコツは、インパクトの瞬間に手首を捻らず真っすぐにして、パンッとボールを叩くようにすることです。

手首を捻ってしまうと、ドライブ回転が掛かり、無回転サーブになりません。
ですので、インパクトの瞬間に手首を捻らず真っすぐボールを叩くようにしましょう。

ジャンプフローターサーブのコツ②体とリズムと連動させる

ジャンプフローターサーブの一般的なリズムは、「トン・ト・トン・バン」です。

こんなリズムなんて簡単にできるよ!と思っていませんか?

しかし、ジャンプフローターサーブが上手くできない方は、このリズムが体でできていません。

頭の中にあるリズムと、実際の体の動きのリズムがズレてしまっています。

ですので、自分の体が頭の中のリズムと連動するように、ジャンプフローターサーブの練習を行うようにしましょう。

ジャンプフローターサーブのコツ➂最高打点からボールを押し込むように打つ

ジャンプフローターサーブは、フローターサーブよりも高い位置から打てるので、角度のある速いサーブが打てます。

そのため、しっかりジャンプをして、腕を伸ばして高い打点からボールを押し込むようにサーブを打つことが必要です。

最初は、リズムを合わせることで精一杯だと思いますが、これができるようになれば高い打点で速いサーブが打てます。

まとめ

今回は、「相手のレセプションを崩すジャンプフローターサーブのコツ」についてご紹介しました。

・無回転のボールを打つ
・体とリズムを連動させる
・最高打点からボールを押し込むように打つ

ジャンプフローターサーブを打つ時は、このようなことを意識して打つようにしましょう。
このサーブができるようになると、相手のレセプションを崩すことができます。

ぜひ、実践してみてください。