ジャンプサーブを上手く打つコツを紹介!

サーブ テクニック 林 みろ吉

「ジャンプサーブが上手くできない」

「どのように打てば良いのか…」

「コツがあれば教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

ジャンプサーブは縦回転をかかっているため、威力のある攻撃ができます。

しかし、鋭いジャンプサーブができなければ、簡単にボールを拾われてしまいます。

アタッカーは威力のあるジャンプサーブができるように、コツを把握しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、ジャンプサーブを上手く打つコツを紹介します。

この記事を読み終わった人は、ジャンプサーブが上手くなるでしょう。

ジャンプサーブを上手く打つコツ

ジャンプサーブを上手く打つコツとしては、「助走距離を把握する」・「ボールの高さや回転を確認する」・「踏み切る場所を同じにする」・「ボールが手に当たる場所を確認する」の4つです。

ここでは、4つのコツを項目ごとに紹介します。

助走距離を把握する

1つ目のコツは、助走距離を把握することです。なぜなら、助走距離を把握しなければ、安定しサーブができません。また、タイミングが合わずにミスにつながることもあるでしょう。

例えば、通常より助走距離を短くした場合、踏み切る場所が変わってしまい、威力のあるサーブになりません。また、ボールが手に上手く当たらず、狙った場所へサーブをできないでしょう。

アタッカーは正確に助走距離を把握し、威力のあるサーブをしてください。

コツ②:ボールの高さや回転を確認する

2つ目のコツは、ボールの高さや回転を確認することです。なぜなら、通常の高さと回転でなければ、威力のあるサーブにならないからです。

例えば、ボールの回転数が低い場合、簡単に拾われてしまいます。回転数が下がると鋭いサーブにならないため、サービスエースにもつながりません。

アタッカーは自らがサーブしやすいボールの高さを把握しましょう。また、ボールへの回転数を上げ、鋭いサーブができるようにしてください。

コツ③:踏み切る場所を同じにする

3つ目のコツは踏み切る場所を同じにすることです。なぜなら、踏み切る場所が異なると威力のあるサーブができないからです。

例えば、踏み切る場所が前方になってしまうと、ボールが手に当たるポイントを変えなければなりません。また、エンドラインを踏んでしまい反則を取られる可能性があります。

アタッカーは踏み切る場所を同じにすることで、安定したサーブをできます。

コツ④:ボールが当たる場所を確認する

4つ目は、ボールが手に当たる場所を確認することです。なぜなら、ボールが当たる場所がずれると安定したサーブにならないからです。

例えば、毎回ボールを当てる場所が変わった場合、狙った位置にサーブできません。また、サーブの成功率が下がる可能性もあります。

アタッカーはボールが当たる場所を確認し、同じポイントで打てるようにしましょう。

ジャンプサーブをする時の注意点

ジャンプサーブをする時の注意点は、強引に打たないことです。なぜなら、ボールがネットに当たったり、コート外に落ちたりと軌道にズレが生じるからです。

例えば、ボールの位置が通常よりも低い場合、軌道が変わってしまいネットに接触しやすくなります。また、ネットに接触することで威力に悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。

アタッカーは自らにとってサーブしやすい位置でボールを打ってください。

他にもボールを落とす場所を同じせずに、毎回変えましょう。同じ場所を狙ってしまうと、相手のレシーバにボールを拾われやすくなります。アタッカーは狙う場所を変えながら、有効な攻撃をしましょう。

納得するまで練習をすることが大事

アタッカーは、納得するまで日々練習をしましょう。練習では失敗を恐れずにサーブを打ち、自らのコツを掴んでください。スパイクをするコツは選手によって、異なる点があります。仮にコツを掴めない場合は、チームメイトからアドバイスをもらいましょう。アタッカーは、独自のコツやポイントを掴んで身につけましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中