【バレーボール強育塾】他人のプレイを観察して上達する方法とは?

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

このブログで、どんなことを書いて欲しいですか?

私に質問があったら、気軽にしてくださいね!

今日は、 「他人のプレイを観察して上達する方法」をシェアしますね!

今からシェアする内容は

  • 練習効率をアップしたいと思ってる方

に、超オススメの内容になります。

今から紹介する内容を実践すると、

  • 短い時間でうまくなります!
  • メンタルが安定してきます。
  • プレーが安定します!
  • 考える選手になっていきます!

こんな嬉しい事が起こるので、最後までお読みください。

他人のプレイを観察して上達する方法とは?

まず、具体的なやり方をを説明しますね!

それは、チームメイトがプレイしているところを見て、

  1. 「私ならこうする」と考える
  2. メンタル状態は、どうなのかを考える
  3. 「私ならこうする」と考えたプレーをイメージする

いわゆる、イメージトレーニングですね。

イメージトレーニングが効果的な理由は、脳は自分が現実的にしたプレーとイメージしたプレーの区別ができません。

どちらも、現実的にプレーしたものと感じるのです。

ということは、イメージすれば脳にプレーしたと記憶されていくということです。

もう少し詳しくプレー別に説明しますね!

具体的なイメージトレーニングとは?

誰かがスパイクを打ったのを見て、その選手がスパイクでネットに近いトスを力んで、ネットにかけてしまった選手がいたとしましょう。

そういう場合は、「トスがネットに近くても私ならコートの奥を狙って打つ」と、考えます。

次に、「トスがネットに近かったから、あわてて力んじゃったんだな」と、メンタルの状態を考えます。

次に、「ネットに近くても慌てず、こういう風に打とう」と、頭の中で自分がプレイしているイメージをします。

レシーブでは、サーブレシーブでレシーブしたボールが相手コートまで飛んでしまった選手がいるとしましょう。

これを見たら、「 私ならポンと優しくレシーブするな」

次に、「 サーブが速かったので力んじゃったんだな」と考えます。

次に、「サーブが速くても、優しくポンとレシーブしてセッターに返す」

と思い、そのレシーブしているところをイメージします。

もちろん、 成功したプレーの場合も、私でもそういう風にするとイメージをしてください。

これなら、小学生でもできると思います。

メンタルが安定するのはなぜ?

「メンタルが安定するのはなぜでしょうか?」という声が聞こえてきそうなので、お答えしますね。

メンタルが安定する理由は、それは「自分を客観視」するからです

この方法を実践していくと、自分のプレーも「今のは、こうなったのでこうしよう」と考えられるようになっていきます。

例えば、 緊張してミスをしたとしましょう。

そうすると、「私、緊張してミスしちゃったなー 」と自分のメンタルの状態を客観視できるようになります。

自分の心を客観視できると、心は落ち着いていきます。

これは、メンタルトレーニングでもよく言われていることですね。

ですから、この方法を実践するとメンタルが安定していきます。

メンタルが安定すれば、プレイも安定していきますからね !

まとめ

今日は、「他人のプレーを観察して上達する方法 」をシェアしました!

その方法は 、他人のプレイを見たら、

  • 自分ならどうするか?
  • この選手のメンタル状態はどうなのか?

と観察し、自分がやるべきプレーをイメージすることでした。

バレーボールの練習は、結構待ってる時間が長いんですね。

この方法は、長い時間を有効に使うためには超おすすめの方法になります。

練習効率をどんどん上げていきたいと思っている方は、次の練習から実践してみてください!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように!!

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。