選手自身のやる気を引き出して、やる気を入れる方法とは?

川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

先日、私が住んでる愛知県でも雪が少しだけ降りました。

私、雪が大好きなので、うれしかったです(^_^)

今日は、「選手のやる気のスイッチをポチッと入れる方法」をシェアしますね!

  • やらなきゃと思っていても、なかなかやる気が出ない

こう悩んでる選手いませんか?

  • こういう気持ちになって悩んでいる選手
  • やらないといけないのにやる気が出ない時

に、モチベーションをアップさせる方法を今からシェアするので最後までお読みください。

やらないといけないのにやる気が出てこない

こういうこと、あなたもありませんか ?

こういう時は、頭の中の言葉(セルフトーク)を変えるとやる気が上がってきます!

セルフトークは、私たちの気持ちに大きく大きく影響を与えます。

たとえば、あなたが、同僚からお弁当を買うことを頼まれたとしましょう。

次のように頼まれたら、あなたは気持ちよくお弁当を買いに行けますか?

  • 弁当買ってこい!
  • お弁当買ってきてもらえる?
  • お弁当買ってきてくれたらうれしい
  • 弁当買え!
  • 弁当買ってきなさい!

どれも弁当を買ってきてほしいという意味は同じですが、あなたの気持ちは全然違うのではないでしょうか?

年下に、「弁当買ってこい!」と言われたら、あなたは腹立ちませんか ?

体育会系の私は、激怒します笑

このように、意味は同じでも言葉によって私たちの気持ちが変わります。

これは、人からの言葉だけではなく、自分で何かをやろうとした時も同じことが言えるのです。

  • 練習するぞ!
  • 練習すべきだ!
  • 練習します!
  • 練習したい!
  • 練習しなければならない
  • 練習かぁ
  • 練習しちゃお!

など、練習するときのセルフトークも色んな種類があります。

この言葉の中で、あなたは練習をやりたくなる言葉はありましたか ?

また、やらなきゃと思うけど、やりたくなくなる言葉ありませんでしたか ?

今、あなたに感じてもらったように、選手の頭の中の言葉(セルフトーク)によって選手の気持ちが 変わるのは気付かれたと思います。

つまり、やる気がなかなか出ない選手は、やる気が出ないセルフトークをしている可能性があるということです

ですから、やる気が出ない時はセルフトークを変える必要があるわけです。

セルフトークを変えるには、以下の3ステップを行うことでやる気をググっとアップさせます 。

  1. 自分が、どんなセルフトークをしているかに気付く
  2. どんなセルフトークだと、やる気が出るかを考える
  3. そのセルフトークは、どんなトーン・どんな声の大きさだともっとやる気が出るか考える。

以上の3ステップを行ってセルフトークを変えると、やる気がググググググっとアップします

なぜ、松岡修造は影響があるのか?

先ほど、声のトーンや声の大きさについて書きました。

これは、弱々しい声だとやる気出ませんよね?

小さな声だと、やる気出ませんよね?

セルフトークの声の大きさやトーンも気持ちに影響するので、考えてみることをオススメします

松岡修造さんが、「できる!!」を、なにを言ってるか聞こえないほどの声の大きさや低いトーンで言っていたとしたら、できるなんてとても思えませんよね?

お前、頑張れと言いたくなりませんか?笑

まとめ

今日は、やる気が出ない時にやる気をグググッとアップさせる方法をシェアしました!

その方法は、やる気が出るセルフトークを、やる気が出る大きさとトーンでセルフトークするでした!

これは、バレーボールだけではなくいろんなことに使えますので、やる気が出ない時に使ってみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのモチベーションがグングンアップしてますように!!

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。