最短でバレーボールが上手くなる方法とは?高い集中状態でプレーをすること!

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾代表の川端健太です!

今回は、「努力すると伸び悩む」という話をシェアしますね!

「川端さん、努力しないとうまくなれないでしょ?」

あなたのこういう声が聞こえてきそうです笑

努力すると上達はできますが、瞬達はできません。

あなたが望んでるようにドンドンうまくなることは厳しいです。

「好きこそ物の上手なれ」

こういうことわざをご存知ですか?

好きなことは、ドンドンしちゃうので、上達しちゃう。

こんな感じの意味です。

好きなことって、努力してる感じありますか?

例えば、ゲーム。

ゲームが好きな人って誰かにやれと命令されてなくても、何時間でもやっちゃうでしょ?

ゲームしてる時に「俺は、努力してる!」なんて誰も思ってません笑

ただ、ゲームに興味を持って夢中になってるだけです。

頑張ってる感もないでしょう。

ゲームをしない人からすると、ゲームを何時間もするなんて、かなりの努力になります。

ちなみに私はゲームしないので、ゲームを何時間もするなんて相当な努力になります。

苦痛で苦痛で仕方ない。

努力って、好きなことをして夢中になってる人を第三者が見て「こいつ、努力してるな」こういう時に使う言葉だと私は考えてます。

  • 「メンタルが強い」
  • 「強気」

これらも第三者が、夢中でプレーしてる人を見て使う言葉ですね。

話がそれたので元に戻します。

私が何を言いたいかと言うと、好きなことは「~したい」こういう状態です。

努力は「~すべき」「~しなければならない」こういう状態ですね。

「~したい」と「~すべき」では、どちらが高い集中状態に入れるかと言えば、私は「~したい」だと考えてます。

高い集中状態でプレーすれば瞬達できます。

ですから、あなたが望んでるようにドンドン上達するには、

  • 「バレーボールがしたい」
  • 「この練習がしたい」

こういう状態で練習してほしいのです。

私が言いたいこと理解してくれましたか?

このことは、世界No.1コーチであるルータイス氏も同じことを主張されてます。

脳は、「〜したい」で行動すると素晴らしい能力を発揮するようにできてるんです。

まとめ

今日は、「うまくなるためには、~したいで練習すること。という話を聞いてもらいました。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたの教え子さんがドンドンうまくなりますように!!

関連記事はこちら↓↓↓

この記事を書いている川端健太さんの教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。