選手のマネジメント能力を高めるために必要なこと

その他 堀大輔 講師一覧

バレーボールというスポーツは当たり前のことですが、一人ではできないスポーツです。 

チーム、組織で動くスポーツですよね。 

その際に各選手に必要だと感じる能力が「マネジメント能力」です。 

マネジメントと言っても、チームマネジメントもあれば、セルフマネジメント、ゲームマネジメントなど様々なマネジメント能力が必要になってきます。 

今回は、練習を通じて、各選手たちのマネジメント能力を高めるために、必要なことや考え方についてご紹介します。 

まずは「自分で考えさせること」が大切である 

 選手たちの「マネジメント能力」を高めるために大切なことは、まず、「自分で考えさせること」が大切となります。 

そのためには、チーム内にて、自分の役割を考えることができる環境を作ることが必要となります。 

「学年ごとの役割を決める」というチーム環境を作ったとします。 

その環境を作った後、そこから「自分が何をやらなければならないのか」を考えさせることが必要となります。 

例えば、ある学年に「練習を円滑に進める準備」という役割を決めたとします。 

各選手たちには、そのためには「何をするべきなのか」を考えさせて、行動させることが大切なのです。 

監督やコーチは、それをしっかりフォローすることに集中してくださいね。 

「なぜそれが必要なのか」を理解させること 

自分で考えさせるためには、その理由をしっかり伝えてやる必要があります。 

  • 「なぜそれが必要なのか」
  • 「なぜそれをしなければならないのか」

を理解させることが大切なのです。 

ある学年が「練習を円滑に進める準備」という役割を与えるのであれば、まず伝えなければならないのは、「なぜ、その準備をすることが必要なのか」を伝えること、考えさせることが必要なのです。 

間違っても、「早く準備しろ」や「練習時間が無くなるぞ」と言った命令口調での指示は控えてほしいです。 

そうすると、選手自身の行動基準が「恐怖心」や「怒られるから」といったものになってしまい、この基準がプレーにも反映してしまうからです。 

そのような場合は「次の試合で勝つためには、何をしないないといけないのか!」や「練習するためには、どんな環境が必要なのか!」と選手に考えさせるゲキを飛ばしてほしいです。 

選手たちの時間を大切に考える 

あとは選手たちの時間を大切に考えてください。 

休日は1日バレーボールの練習、週末はいつもバレーボールの試合、遠征である、そのようなチームも多いかと思います。 

私ごとですが、今息子が入っている少年サッカーチームがまさにその状態です。

休日は早朝から遠征に出発し、帰りは夜といった感じです。 

それでチームが強くなっているのであれば良いのですが、結果はそうではありません。

ほぼ全敗で帰ってきます。 

それが子供達、選手たちの将来にプラスに働くのでしょうか。 

学校の宿題は? 

家族との時間は? 

チーム以外の友達と遊ぶ時間は? 

アルバイトは? 

もちろん、バレーボールの練習に励む時間も選択肢としてあります。 

言いたいことは、選手たちや子供達に「自分の時間の大切さ」を伝えてほしいのです。 

自分の時間の使い方ができない選手にマネジメント能力を高めることはできません。

時間管理がまず基本なのです。 

言い換えれば、マネジメント能力で必要なことは「時間の使い方」です。 

練習内容もそうですが、時間を意識した内容で、是非ともメニューを決めていただきたいです! 

 まとめ 

今回は選手のマネジメント能力を高めるために必要なことについて述べてきました。 

ポイントになるのは、 

  • まずは「自分で考えさせる」こと 
  • それが「なぜ必要なのか」理解させること 
  • 自分の「時間の使い方」を考えさせること 

以上になります。 

バレーボールが上手であることは、自分の武器の一つにしかなりません。 

人として求められる部分を理解して、伸ばしていく努力をしなければ、選手としても社会人としても、将来を苦労していくことになります。 

バレーボールを通じて、「自分で考えさせる」ことや「時間の使い方」の大切さを伝えていってほしいと願っております! 

関連記事はこちら↓↓↓

公立高校の普通の選手たちを、たった2年で県大会優勝へ導いた方法とは?↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人堀 大輔堀 大輔
長崎県出身で、現在は京都市在住。子供3人の父親。中学校から友人たちとバレーボール部に入部。ポジションはセッター。高校時代所属バレーボール部は長崎県ベスト4他、九州大会出場2回、九州大会準優勝1回と実績を残すが、私自身はベンチメンバーでした。部員人数も少なく、オールラウンドとして控え要員とともにマネージャー的な存在でもあり、また他チームの選手分析および戦術分析など経験。その経験から得たことや皆さんに役立つバレーボール情報を提供してききたいです。また現在はママさん方とバレーボールを楽しんでおり、子供から大人の方々まで「バレーボールは楽しいスポーツ」であると伝えていきたいです。