【レセプション】セッターへの返球が強くなる人の対処法

レシーブ 練習メニュー レセプション(サーブレシーブ)

 

レセプション(サーブレシーブ)において、「レセプションがセッターへ強く返ってしまう・・・」というお悩みをお持ちの方は、実はたくさん存在します。

レセプションの勢いが強すぎると、勢いそのままに相手のコートへ返ってしまったり、セッターがトスを万全の体勢で上げられなかったり、、

チームでボールをつないで得点を決める競技のバレーボールにおいては、避けたいプレーですよね。

 

では、レセプションがセッターへ強く返ってしまう原因は一体何でしょうか?

結論からお伝えすると、「ボールを引き込む感覚がわかっていない」ということです。

ボールを引き込む感覚がわからなければ、思いどおりのポイントへコントロールすることがむずかしくなってしまいます。

 

そんなお悩みをお持ちの方のために、ボールを引き込む感覚を身に付ける練習方法をお伝えしたいと思います!

 

■ ボールキャッチ

アンダーハンドパスのフォームでボールをキャッチするだけのシンプルで簡単な練習方法です。

 

 ~練習方法~

 ・二人一組になり、ボールを投げる人とキャッチする人に分かれる

 ・ボールを投げる人は、ゆるやかな軌道のボールをペアに向かって投げる

 ・キャッチする人は、オーバーハンドパスのフォームのまま、顔より少し高い位置あたりまで両腕を伸ばし、両腕を滑らせるようにボールをキャッチする

 ・回数を決めてくり返しおこなう

 

 ~ワンポイントアドバイス~

 ・最初は近い距離からはじめていき、慣れてきたらどんどん距離を離して実戦のレセプションに近いイメージでおこないましょう。

 ・ボールをキャッチする際は、両腕を滑らせることを意識し、自分のふところまで引き込むようにしましょう。

 

この練習では、実際にパスをする動きはありませんが、くり返しおこなうことでボールを引き込む感覚を身に付けることができます。

実際のレセプションでも、ボールの勢いをうまく吸収することができ、ゆるやかにセッターの位置に返球できるようになるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

レセプションがセッターへ強く返ってしまう選手は、特に初心者に多く見られます。

ですので、初心者が多いチームには特におすすめできる練習方法ですよ。

さらに、とってもシンプルで簡単な練習方法になりますので、ぜひすぐに取り入れて効果を感じてみてください。

レセプションを返したい方向へきっちり正確に決められる選手になりましょう!つなぐバレーボールは、基本から大切にしていきたいですね!

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!