ミスしたらどうしようなどの不安を解消する方法とは?

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

あなたの 教え子さんは

  • ミスしたらどうしよう?
  • スパイクが決まらなかったらどうしよう?
  • ちゃんとトスが上がらなかったらどうしよう?

と不安になってませんか?

試合期に入ると不安に対する質問が多くなるので、今日は「不安を解消する方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  • 試合の時、不安で仕方ない選手
  • 選手の不安を取り除きたいと思っている指導者さん

のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • 不安に対する考え方が変わり、 今やるべきことに意識が向くようになります。
  • 選手の不安を取り除くことが出来ます

こんな嬉しいことがあるので、最後までお読みください。

不安とは?

不安を取り除くには、不安について知ることが先決です。

どういう時に不安になるのか?

それは、「できると思ってる時に不安」になります。

「できると思ってるのに不安になるっておかしくないですか?」と、思うかもしれません。

例えば、あなたが

  • 全日本男子の スパイクをノーブロックで50本連続でレシーブしてくださいと言われたら、 できるかどうか不安になりますか?
  • 全日本選手の3枚ブロックに対してスパイクを 50本連続で決めてくださいと言われたら、できるか不安ですか?

まず100%できないと思います。

こういう時は、全くできないので不安にはなりません。

あなたが、アンダーサーブでもどんなサーブでもいいので、50本中一本でもサーブをコートに入れてください。

  • 今からあなたに向かって、アンダーサーブを打ちます。レシーブはできなくてもいいので、一本でもいいから触ってください。

などと言われたら、できるかどうか不安になりますか ?

それならできそうと、不安ではないですよね?

反対に、

  • 全日本選手があなたに向かって、ノーブロックでスパイクを打つとします。50本打って一本でも決めてください。

と言われたら、 決められますよね?

この条件ならできると思って、不安にならないと思います。

つまり、

  • 100%できるもの
  • 100%できないもの

に対しては、人間は不安になりません。

  • 1%でもできるんじゃないか
  • 1%でもできないのではないか

と思った場合のみ、不安になります。

ということは、

  • スパイクが決まるか不安
  • サーブが入るか不安
  • トスが上がるか不安

と思っているということは、できると思っている心理の裏返しだということです。

99%の選手は、不安のデメリットにしか意識が向いていません。

だから、体が動かなくなるのです。

不安のメリットは、できると思っているということです。

この部分に意識が向くと、不安が出ても

  • 私はできる
  • 俺ならできる

と思えるようになれば、体は動くようになってくれます。

選手には、 不安に思ったら私はできると思ってるんだと思考パターンを変えなさいねと、伝えてください。

まとめ

今日は、不安を解消する方法をシェアしました。

その方法は、不安になったら私はできるという思考パターンに変えるということでした。

試合では、メンタルが大きく大きく結果に影響を与えます。

メンタルが強い選手を育成してくださいね!

応援してます!!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのメンタルが、強くなりますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。