あるモノを貼るだけでアンダーパスが上達する方法とは!?

レシーブ 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です。

3月中盤から、全国を飛び回ってます。

なかなか、バレーボール教室はできてないんですけどね、

野球の教室ばかりなので。

今日は、「 ただ貼るだけでアンダーパスが上達する方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • アンダーパスが上手くなりたい。
  • アンダーパスで悩んでる選手の指導方法を知りたい。

そう思ってる方の、お役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • アンダーパスでボールを狙ったところに返せるようになります。
  • 指導力がアップします。

こんな嬉しいことがあるので、最後までお読みください。

今回は、ただ貼るだけでアンダーパスが上手くなる方法になります。

  • 貼るのは何を貼るのか?
  • どこに貼るのか?

を、今から詳しく説明させていただきますね!

何を張るのか?

これは、キネシオテープがお勧めになりますね。

ネットでキネシオテープで検索されると、分かると思います。

スポーツ店に行くと、肌色で収縮性があるテープがあります。

それが、キネシオテープになります。

それを、腕に貼ります。

どこに貼るのか?

それは、手のひらを上にして前腕の右側の手首から肘に向けて貼ります。

バレーボールが当たるところですね。

長さは10 cm程度で構いません。

もちろん、左右の腕に貼ってください。

なぜキネシオテープを貼るとアンダーパスがうまくなるのか?

それは、 テープを貼ることで、「 ここにボールを当てるんだよ」と脳に教えるんです。

そうすることで、ボールがちゃんと当たるべきところに当たるようになります、

当てるべきところに当たれば、アンダーはうまくなっていきます。

アンダーパスがなかなかできない選手は、当たるところがバラバラという特徴があります。

そのため、ボールがいろんなとこに行ってしまいます。

テープを貼ってパスすると、 ほんとそこに当たりやすくなるので、アンダーパスが上手くなっていきますよ。

もしテープがなければ、構いません。

ボールを当てるべきところをパスする前に触るだけでも、当てるべきところにボールが当たりやすくなります

この方法は、テープを貼るだけのため、誰でも年齢性別全く関係なく出来ることなので、次の練習の時から試してみてください!

まとめ

今日は、アンダーパスが上手くなる方法をシェアしました。

その方法は、10cmほどのキネシオテープを手首から肘に向けて貼るでした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのアンダーパスが、うまくなりますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。