サーブのトスを安定させるたった一つの方法

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

先日、北海道で-12度を経験しました。

-12度と言うとメチャメチャ寒いイメージがありますよね?

が、それほど寒く感じませんでした。

たぶん雪があるかなあと私は考えています。

不思議ですよね…

今日は「サーブのトスを安定させるたった一つの方法」 をシェアしますね!

今からシェアする方法を実践すると

  • サーブのミート率がアップする
  • サーブミスが グッと減る

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください 。

試合で大事な場面でサーブを打つことありますよね?

その時、サーブミスした覚えはありませんか ?

こういうミスは、とても痛いミスですし後悔が残るミスになりますよね 。

サーブミスの大きな要因のひとつに「トスミス」があります 。

トスを失敗してしまうとミートが難しくなり、サーブミスしてしまうことがあります。

これを防ぐには 当たり前のことですが「トスを安定させる」必要があります。

トスを安定させるために、あなたの教え子さんはどんなことを意識してますか ?

バレーボールの初心者に多いのですが 、サーブを打つ腕の動きに意識が向いてしまいトスに意識が向かない選手が多いです。

これではトスがなかなか安定しません。

では、今からトスを安定させるたったひとつのことをシェアしますね !

トスを安定させる方法

その方法は「トスを上げる瞬間にフッと息を吐く」だけです 。

これをすることでトスが安定してきます。

簡単でしょ ?

なぜ、これを行うことでトスが安定するのか ?

それは 、トスを上げる瞬間にフッと息を吐くにはトスをあげるところを見る必要があります。

トスを上げるところを見ると丁寧に体を動かそうと人間の体は働きます 。

また、サーブのトスを上げる瞬間にフッと息を吐くと 柔らかくトスを上げるようになるので息を吐きます。

これらのことが起こるためトスが安定していくんです 。

テニスを観る方はご存知だと思いますが 、テニスのサーブのトスを上げる時ぽぼすべての選手がしっかりとトスをする瞬間に見ています 。

バレーボールのサーブのトスも同じでトスを上げる時はトスを上げる瞬間を見るようしてくださいね!

サーブを安定して入れるために!!

まとめ

今日は「サーブのトスを安定させるたった一つの方法」をシェアしました 。

これなら小学生でもすぐにできるようになるので次の練習から試すよう伝えてみてもらえませんか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのサーブがトスが安定しますように。

関連記事はこちら↓↓↓

「強いチームに攻めのサーブができつようになる方法」を詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp