サーブを正確に狙いたいと思っている方必見!サーブを狙うコツ

サーブ テクニック 川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

先日、奈良県に行き正倉院展に行ってきました!が、 当日券はなく入れませんでした(泣)

たっくさんの人が並んでましたよ。

今日は、「サーブを狙うコツは観る観る打つ」という話をシェアしますね!

今からシェアする方法は、サーブを正確に狙いたいと思っている方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • サーブ力がグンッと上がる
  • サーブをネットにかけるミスが減る

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

小学生に多いミスなのですが、サーブをネットにかけてしまうことありませんか?

ネットにかけるミスには、まるでネットがないかのようにサーブをレシーバーに打つようなミスをする選手が結構います。

このことに気づいたのは、何度も何度も小学生や中学生を指導したことで気づきました。

どうやって気づいたかと言うと、以前「脳に狙うところを記憶させてサーブを打つ」という練習を紹介していただいたんです。

そうすると、その方法を実践した直後のサーブミスがかなり増えてしまったんです。

ミスはネットにかけてしまうミスでした。

2球目からは、ネットを越えてサーブを打てるようになっていきました。

何度もこういう現象を見ているうちに、ネット関係なくサーブを打ってしまってネットにかけているということに気づいたんです。

このことに気づいた私は、サーブを狙う時にレシーバーだけを見るのではなくネットの上も見るように指示するようにしました。

そうするとネットミスが激減したんです。

「それ当たり前だろう」と思ってる方もみえると思います。

が。ネットの上を見てからサーブを打つ選手って小学生には少なかったんです。

ですから、選手には「レシーバーを観る。 ネットの上1 M ぐらいを観る。

そしてサーブを打つ」という指導をするようにしたんです。

是非、あなたの教え子さんにもサーブを打つ前は「観る観る打つ」を意識するよう伝えてみてもらえませんか ?

ネットミスが激減しますから。

まとめ

今日は、「サーブを狙うコツ観る観る打つ」という話をシェアしました。

これは、意識するだけのことなので次の練習から試してみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたの教え子さんのサーブ力が抜群になりますように!

関連記事はこちら↓↓↓

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。