スパイク決定率をアップさせるミートのポイントとは?

スパイク テクニック 川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は「スパイク決定率をアップさせるミートのポイント」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • スパイクをもっと決めたい
  • もっと強いスパイクを打ちたい

そう思ってる方のお役に立てる内容になります

今からシェアする方法を実践すると

  • スパイク決定率がアップ
  • ブロッカーを翻弄することができる

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

今からシェアする方法は、 自分がブロックをしていて気づいたことでわかった方法です。

どんなことに気づいたかと言うと、ミートポイントが一定していないアタッカーはブロックするのが難しいということです。

これは、初心者など フォームがまだ安定していない選手の時に感じたことです。

あなたも 感じたことありませんか?

どこに打ってくるか全くわからないアタッカーいませんでしたか?

ブロッカーは、アタッカーが顔のすぐ横あたりでスパイクを打ってくると思い、それを前提にブロックに飛びます。

それがわかりやすいのが、右利きのアタッカーだと思ったら、左利きのアタッカーだった時ですね。

ああいう時って、全然違うところにブロック飛んでしまうのでブロックするのが難しくなります。

これは経験あるのではないでしょうか?

以上のことから私はこう考えました。

スパイクを打つときに、 わざといつもと違うところでスパイクを打つようにすればブロッカーを翻弄することができるのではないか ?

そう思って実際に試してみたんです。

そうするといつもよりブロックを抜くことができたんです。

もちろん、 ブロックを抜けない時もありましたよ。

ただ、いつものミートポイントで打つよりも決定率が アップしたことは間違いありません。

具体的にミートポイントをどうしたのか?

それは、普段打つミートポイントよりボール半分ミートポイントを横にずらしただけです。

右打ちならば、いつもよりボール半分右側にずらし、左打ちならばいつもより左側にポイントをずらす。

このボール半分は、ブロッカーとしてはメチャメチャ大きいんです。

間違いなく止められにくくなるブロッカー出てきますよ!

また、これを実践すると、

  • 「あれ?いつもより強いスパイクが打てる」

と思う選手も出てくるでしょう

いつもより横のミートポイントのが、 腕を速く振れる選手は強く打てるようになりますよ!

これを実践するには少し時間がかかるかもしれません。

次の練習の時に試してみてください。

まとめ

今日は、 スパイクの決定率をアップさせるミートポイントをシェアしました。

それは、いつもよりボール半分横にミートポイントにするでした。

スパイクの高さがある選手であれば、肩の高さぐらいまでポイントをずらすことができると思うんです。

だから、全日本選手はこういう感じで打てば、 ブロックされにくくなるだろうなあと思ってます。

トスあげるのが難しくなりますけどね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのスパイクがドンドン決まりますように!!

関連記事はこちら↓↓↓

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。