Aクイックを打ち分ける方法を紹介!

スパイク テクニック 林 みろ吉

「Aクイックで有効な攻撃をしたい!」

「相手のスキを突ける攻撃方法はないのか…」

「Aクイックを打ち分ける手段を教えて欲しい!」

上記のような悩みや不安を抱えている方がいるのではないでしょうか。

Aクイックは、相手のブロッカーの意表を突ける攻め方の1つです。

アタッカーは相手のブロッカーが対応できないスピードで攻撃をすることで、より多くの得点を獲得できます。

しかし、相手のブロッカーに攻撃を読まれてしまうと、ブロックされたり、失点に繋がったりとリスクが高くなります。

アタッカーは、攻撃を読まれた際に柔軟な対応できるようになる必要があるでしょう。

今回の記事では、Aクイックを打ち分ける手段について解説します。

この記事を読み終わった人はAクイックの技術が上達し、有効な攻撃ができるようになるでしょう。

Aクイックを打ち分ける手段

Aクイックを打ち分ける手段として、「ボールを左右に打つ」・「強打とフェイントを使う」・「ボールが当たる場所を変える」の3つです。アタッカーは3つの手段を覚え、練習で身につけましょう。

①ボールを左右に打つ

1つ目の手段は、スパイクを左右に打つことです。なぜなら、正面にスパイクするとブロックされる可能性が高いからです。

例えば、ブロッカーがブロック体勢を取っている場合、正面にスパイクしても、ブロックされやすくなります。

また、ワンタッチになってしまい、相手チームに攻められるリスクも高くなるでしょう。

アタッカーはブロッカーの左右にスパイクすることで、威力のあるスパイクができます。さらに、相手のブロッカーにブロックされずに得点に繋がりやすくなるでしょう。

スパイクする際は状況によって、左右にボールを打ち分けてください。

②強打とフェイントを使う

2つ目の手段は、強打とフェイントを使うことです。なぜなら、相手のブロッカーの意表を突いた攻撃ができるからです。

例えば、相手のブロッカーが通常の守り方をしている場合、フェイント等の想定外の攻撃に対応にくくなります。

また、ボールに触れたとしても真上に上げることができず、ミスに繋がるでしょう。

アタッカーは強打とフェイントを使いながら、相手のブロッカーに読まれない攻め方をしてください。

③ボールが当たる場所を変える

3つ目の手段は、ボールが当たる場所を変えることです。アタッカーはボールがブロッカーの手に当たる場所を変え、ワンタッチやブロックアウトなどの多彩な攻め方を行います。

なぜなら、相手のブロッカーはボールの軌道が読めずに対応しきれないかならです。

例えば、ボールがブロッカーの腕に当たった場合、正確な軌道を読めずにボールを拾えないことがあります。また、ボールがネットに当たり、レシーブできないケースもあるでしょう。

相手のブロッカーの腕にボールを当てる場合は、狙う場所を変えながら攻めてください。

ブロックアウトを狙いたいアタッカーは、ブロッカーの手にボールを当てましょう。ブロッカーの手を目掛けてスパイクすると、ワンタッチもしくはブロックアウトを狙いやすくなります。

アタッカーは失敗を恐れずに果敢に攻めましょう。

Aクイックを打ち分ける方法の時の注意点

Aクイックを打ち分ける方法の時の注意点として、強引な攻め方をしないことです。なぜなら、強引に攻めたとしても失点に繋がるリスクが高いからです。

例えば、相手のブロッカーがスパイクコースを防いでいる場合、強引にボールを打ったとしてもブロックされます。

また、何度もスパイクを止められると、アタッカーの自信を失うこともあり得るでしょう。

スパイクコースが無い場合は強引な攻め方をせずに、次の攻撃態勢に繋げることを意識してください。

納得するまで練習をする

本記事では、Aクイックを打ち分ける方法を紹介しました。

アタッカーは納得するまで練習を行い、自信を持ったプレーができるでしょう。

また、練習で失敗を積み重ねると、コツを掴めるようになります。

チームメイトからアドバイスをもらいながら、徐々に上達していきましょう。

Aクイックを打ち分けるためには、相当な時間や労力を費やします。アタッカーは焦らずに日々練習を行ってください。