強いスパイクを打つために必要な胴体の使い方

川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

最近 YouTube で色んな選手のフォームをチェックしてます。

チェックすることでタイプ別の体の使い方がいくつもわかってきましたよ!

今日は、その中で「強いスパイクを打つためのタイプ別のふたつの胴体の使い方」シェアしますね。

今からシェアする方法は

  • 強いスパイクを打ちたい!

こう思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • アタック力がグンッとアップします!

こんなうれしいことがあるので、最後までお読みください。

スパイクのタイプ別の体の使い方はたくさんあります。

その中で重要になってくるのが胴体の使い方。

胴体の使い方

腕や足は胴体と連動して動くと速く強く動くようになります。

そのためには胴体の動きが体に合っている必要があるんですね。

たとえば、胴体の動きと手の動きがバラバラであれば、いわゆる手打ちのスパイクになってしまいます。

手打ちになると強いスパイクを打つことは厳しくなります。

強いスパイクを打ってる選手は、胴体の動きと腕や足の動きが連動しているので高く飛べて強いスパイクが打てるんです。

ですから、胴体の動きは、高くジャンプし強いスパイクを打つために重要です。

では、具体的に胴体の二つの動きをシェアします。

簡単に言うと、「胴体を捻らない使い方」と「胴体をひねる使い方」この二つになります。

胴体を捻らない使い方

捻らない使い方の特徴は、胴体を「丸める反る」の動きを使ってジャンプしたり腕を振ります。

そうすることで、腕はまっすぐ前に振る選手が多いです。

着地は、両足ほぼ同時に着地します。

胴体をひねる使い方

ひねる選手は、スパイクを打つ腕の肩が反対側の肩より高い位置でスパイクを打ちます。

腕は、斜めに振る選手が多いです。

右打ちなら左股関節のほうに腕を振ります。

着地は、 スパイクを打つ腕と反対側の足を先に着地させる選手が多いですね。

右打ちなら、左足の片足で着地してから、右足を着地させます。

以上の特徴は、スパイクを打つコースなどによって変わることかあります。

真っ直ぐ打つという単純なスパイクを打つ時にこういう特徴があります。

タイプの見極め方

では、どうやって胴体を捻らず使うタイプかひねって使うタイプかを見極めるのか?

これは、テニスボールを投げてみると分かりやすくなります。

本当は、 ボールを打ってチェックしたいのですが、ボールを打つとミートできるできないなどによって強い弱いが変わってしまいます。

ボールを投げるのであれば単純に腕の振りが良くなった悪くなったがわかりやすいです。

そのためボールを投げることでチェックしてもらいます。

チェックする方法は、両肩の高さを床と平行にしてボールを投げます。

フォロースルーは、投げる腕の方の股関節をフォロースルーで触る投げ方です。

投げる方の腕の肩を少し上げて、投げるの反対側の股関節をフォロースルーで触る投げ方。

この二つの投げ方を実践してみて、どちらが腕がしっかり振れるかをチェックしてみてください。

または、この方法ではなくテニスボールを持ったままジャンプして思いっきり投げてみるのもおすすめのチェック方法になります。

このチェック方法ならすぐにできると思うので、次の練習でチェックしてみてください。

まとめ

今日は強いスパイクを打つためのタイプ別のふたつの胴体の使い方をシェアしました。

その二つの使い方は、 体を捻らないタイプ胴体をひねるタイプのふたつでした。

チェック方法は、上記の通りです。

一度、全日本選手の胴体の使い方を YouTube などでチェックしてみてください。

いろんなことがわかると思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのスパイク力がぐんとアップしますように

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。