【超重要】指導者が知っておくべきスポーツ不安にならないヒントとは?

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!!

あなたの教え子さんが

  • どうやってスパイクを打ってたかわからない?
  • どうやってトスを上げてたかわからなくなった
  • サーブのトスが上げられなくなった

と、できていたことが突如不安に思い、できなくなってしまったことありませんか?

こういう不安をスポーツ心理学では

  • スポーツ不安
  • チョーキング

と言います。

イップスは、この代表的なものですね。

バレーボール界では、イップスという言葉を聞く機会が少いと思いますが、ゴルフ・テニス・野球ではイップスで悩んでる選手がたくさんいます。

特に、ゴルフに多いようです。

イップスは、ゴルフから発生していますからね。

バレーボール界では、イップスとは言わなくても、セッターがレフト側に上げるトスでスポーツ不安を抱える場合が多いと私は感じてます。

今から、スポーツ不安に陥らないヒントを紹介します。

ヒントだけでなく、指導方法もシェアしますので最後までお読みください。

スポーツ不安にならないヒントとは?

チョーキングに関する実験で有名なのは、シカゴ大学の心理学者ペイロック博士たちのグループです。

彼らは、「熟練のアスリートがパフォーマンスを落とす要素は何なのか?」を突き止めるために以下の実験を行いました。

一つ目の実験は、ゴルファー相手に行った実験です。

対象となったのは、ミシガン州立大学の熟練のゴルフ部員とプロゴルファーです。

彼らに、異なる3点からターゲットに向かって、計20回可能な限りボールをターゲットに近づけることを目標にパットを打ってもらいました。

条件はつけずに打ってもらうと、ターゲットまでの距離 は平均で15.09 CM でした。

次に、パットをしてる最中に、ランダムに単音を再生し音が聞こえた瞬間に「鳴った」と言わせながらパットを打ってもらいました。

そうすると、ボールとターゲットの距離は平均で13.74センチだったそうです。

パットの精度は、「鳴った」と言わせながらでも下がるどころか上がっていたんですね。

これは凄いなと思いました !

最後に行なった実験は、パットが終了してパターの動きが止まった瞬間に「止まった」と言わせながら20回のパットを打ってもらいました。

そうすると、ターゲットまでの距離は、なんと19.44 CM と明らかにパフォーマンスが低下したのです。

この実験からわかるのは、バットを打つというプログラム化・自動化されている動作に意識が向くと精度が落ちてしまうということがわかります。

つまり、フォームに意識を向けては駄目だということですね

自動化できないものには意識を向けない

これに似たような実験を、私はしたことがあります。

階段の上り下りをしている時に、右足の動き左足の動きを意識で動かしながら階段を降りたことがあるんです。

これ、メッチャ危ないですよ!

何度もこけそうになりました。

絶対にマネしないでかださい笑

自動化できているものには意識を向けないことが重要だと、この実験と私の階段実験で分かりますね。

もう一つ 、ペイロック博士らが行った興味深い実験があります。

それは、サッカー選手にドリブルを行ってもらう実験です。

コーンの間をジグザグにドリブルするパターン

  • ドリブル中に複数回ランダムに単音を鳴らし、音が鳴った瞬間に足の甲のアウトサイドかインサイドんどちらでボールを蹴ったかを、声に出して言わせるというパターン(技術集中課題 )
  • ドリブル中に単語を聞かせ、その単語を声に出しながらドリブルするパターン(二重課題)

この実験の結果は、上級者は技術集中課題の方が二重課題よりもタイムが悪く、初級から中級の選手は技術集中課題の方がタイムが速かったそうです。

面白いことに、上級者でも利き足ではない足では、二重課題の方がタイムが速かったそうです。

この実験からわかることは、選手のレベルによって技術集中課題にするか二重課題にするかを、普段の練習で意識して指導することが重要だということがわかります。

「え、じゃあフォームはどうやったら良くなるの?」と思う方がみえるでしょう。

これは、今後機会がありましたらブログでお伝えしていきますね!

まとめ

今日は、ペイロック博士らが行った実験を紹介しました。

実験でわかったことは、

  • 上級者ほど体に意識を向けないで練習をする
  • 初中級者は身体に意識を向けた方がいい

ということでした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように!!

今、登録すべき「バレーボール上達専門YouTubeチャンネル」はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCt5NdpDmM5X00SDr85r86aA

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。