スパイクで離れたトスを打つ3つのコツとは?

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

あなたの教え子さんに「離れたトスをどう打っていいかわからない」そう悩んでる選手いませんか?

そういう悩みを持ってる選手のために今日は、 「離れたトスを打つ3つのコツ」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • 離れたトスを上手く打ちたい
  • 離れたトスの打ち方の指導方法を知りたい

そう思ってる方のお役に立てる内容になります。

今から知らせる方法を実践すると、

  • 離れたトスのスパイクミスがグッと減る
  • 離れたトスの対応策が選手に指導できるようになる

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

離れたトスのスパイクの処理の仕方は どう指導されてますか?

コートの奥に返すように指導されてる方が多いのではないでしょうか?

離れたトスを上手く打つには練習が必要です。

練習はしてますか?

今日は、まず離れたトスを打つ3つのコツをシェアしてその後に練習するときのコツをシェアします。

まず、離れたトスがを打つ3つのコツをシェアしますね!

その3つとは、

  • クロス側のコートの奥に打つ
  • ストレート側のコートの奥に打つ
  • ブロックに当てる

この3つです。

コートの奥に打つコツは、8割程度のスピードで奥を狙うことです。

これは、ご存知な方が多いでしょう。

最後にブロックに当てるを説明をします。

これは、離れたトスを打って決めるのはなかなか難しくなります。

奥に返すだけになると相手にボールが渡ってしまい相手から攻撃されることになります。

ですから、相手にボールを渡さないためにブロックに当てることをオススメします。

離れたトスは、アタッカーは打ちにくくブロッカーとしてはブロックするのが少し難しくなります。

ですからブロックに当てた場合、ブロックフォローがしやすくなるんです。

フォローできると、もう一度攻撃をするチャンスが生まれます 。

もちろんブロックフォローにしっかり入るというのは大前提です。

離れたトスをブロックに当てる時は、 これも8割程度のスピードでブロックを狙って打ちます。

思いっきり打ってしまうとネットにかかってしまったりふかしてしまいアウト、ブロックされてしまう可能性が高いですからね 。

以上が離れたトスを打つ 3つのコツになります。

最後に離れたトスを打つ練習をしましょうという話をします。

練習時間中に離れたトスをわざわざ練習してるチームは少ないのではないでしょうか?

が、離れたトスを打つ確率は結構な確率で試合中はあります。

試合で実践することは練習では練習しておく必要があります。

ですから、1日に5本程度だけでも構いませんから、離れたトスを打つ練習をすることをオススメします。

まとめ

今日は、スパイクで離れたトスを打つコツと練習についてシェアしました。

その三つは、「ストレートかクロスの奥に打つ。ブロックに当てる」でした。

また、日々の練習で離れたトスを練習しましょうという話を聞いてもらいました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんが離れたトスを上手く打てますように!!

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。