ドライブ回転のスパイクは強打より軟打が有効!?軟田のメリットやコツとは?

スパイク 林 みろ吉

  • ドライブ回転のスパイクを打ち分けたい!
  • ドライブ回転のスパイクは強打の方が良いのか
  • 軟打のメリットを知りたい

ドライブ回転のスパイクが打てるようになった人は、新たな攻撃方法を模索し始めますね。

アタッカーは、威力のあるドライブ回転のスパイクを打ちたいと意識します。

しかし、威力のあるスパイクを意識し過ぎると、単調な攻撃になってしまうのです。

ここでは、軟打のスパイクのメリットやコツについて、解説していきます。

スパイクの強打と軟打を打ち分けられると、有効的な攻撃ができますよ。

ドライブ回転のスパイクは軟打も有効

ドライブ回転のスパイクは、軟打も有効です。

軟打のメリットは、

  • ボールをコントロールしやすい
  • 相手のレシーバーを翻弄できる

の2つがあります。

アタッカーは、メリットを理解しておくと、自信を持って攻撃が行えるでしょう。

ボールをコントロールしやすい

アタッカーがドライブ回転のスパイクを軟打にすると、ボールのコントロールがしやすくなります。

スパイクする際に、強打より軟打の方が力加減を調整しやすくなるからです。

例えば、アタッカーはスパイクを打つ直前、とっさの判断で強打から軟打にできます。

アタッカーは、相手のレシーバーが構えている位置で、コートの手前や奥に打ち分けてください。

相手守備の隙を見つけて攻撃すると、得点につながりやすいです。

状況に応じてボールをコントロールすることで、試合を有利に進められるでしょう。

相手のレシーバーをほんろうできる

アタッカーが、ドライブ回転のスパイクを軟打にすると、相手のレシーバーを翻弄できます。

強打と軟打のスパイクが飛んでくると、相手のレシーバーが対応に困るからです。

例えば、レシーバーが強打のレシーブ姿勢に入っている場合、後方にボールが飛んでくると対応が遅れます。

アタッカーは、相手のレシーバーのレシーブ体勢を瞬時に確認して、攻撃を変えましょう。

レシーバーは強打と軟打のスパイクがランダムで飛んでくると、守備位置やレシーブ体勢が定まりません。

また、ボールが飛んできた時の反応も遅れてきます。

アタッカーは、一度有効な攻撃が決まれば、思い切ったスパイクが打てますよ。

自らのスパイクに自信を持って、積極的な攻撃をしましょう。

ドライブ回転のスパイクを軟打にするコツ

ドライブ回転のスパイクを軟打にするコツは、

  • 力を入れ過ぎない
  • 手にボールが当たる位置を変える

の2つです。

アタッカーはコツを掴めれば、多彩な攻撃ができます。

力を入れ過ぎない

アタッカーは、軟打を打つ時に力を入れ過ぎないことが大事です。

スパイクの時に力を入れ過ぎてしまうと、ボールのコントロールができなくなるからです。

例えば、アタッカーがレシーバーの手前にボールを狙おうとした場合、真正面に打ってしまうことがあります。

また、ボールをコートの奥に狙った時も狙った場所に落ちません。

軟打は、手とボールが当たる時に力を入れるようにしてください。

アタッカーは、強打と軟打のスパイクフォームを変えずにボールを打てます。

さらに、相手のブロッカーやレシーバーにスパイクのコースを読まれません。

アタッカーは、基本的なスパイクを打ちながら、軟打を取り入れてみましょう。

手にボールが当たる位置を変える

アタッカーは軟打を打つ時、手にボールが当たる位置を変えてください。

人によって、軟打を打つ時の力の入れ方が違うからです。

例えば、A君とB君がそれぞれ手前にボールを狙う場合、

  • A君は指先に近い位置に当てる
  • B君は指の付け根の位置に当てる

と場所が変わります。

アタッカーは、基本的にボールを当てる位置が決まっています。

ただし、人によって癖があるため、ボールが当たる位置が変わってくるでしょう。

自らが打ちやすい手の位置を、見つけるようにしてください。

ドライブ回転のスパイクは強打と軟打を打ち分ける

ドライブ回転のスパイクは、強打と軟打を打ち分けるようにしましょう。

アタッカーは2つのスパイクを打ち分けると、有効な攻撃ができます。

試合の大事な場面でスパイクする時は、強打と軟打の両方を相手コートに打ち込んでください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。