もっと上達するためにもバレーボールノートを使おう

岩越

部活に入部して、監督や上級生にバレーボール(部活)ノートを書くように言われた方もいるのではないでしょうか?

たまにならいいですが、毎日だった場合大変ですよね…。

  • これってなんのために書くの?
  • これは必要なことなの?

と思ったことはありませんか?

今回は、バレーボールノートについて紹介していきます。

よかったら、参考にしてくださいね。

バレーボールノートは書くべき!

みなさんは、普段から「バレーボールノート」を書いていますか?

おそらく試合が終わったら、振り返って「ここはこうするべきだったな」など思うでしょう。

ですが、頭の中だけで完結するのではなく、「ノート」に書くことをオススメします。

いうならば、「日誌」のようなものですね。

これは月刊バレーボールで読んだのですが、今第一線で活躍しているVリーガーの選手たちの多くが行っていることだそうです。

学生のころから習慣だったと、コメントがありました。

なぜバレーボールノートを書く必要があるの?

試合を振り返って次の課題の設定をする際、頭の中整理しながら、道筋を立てることができます。

また、後日読み返したとき「こういう考え方してたんだな」と思い出すことができます。

バレーボールノートは成長を確認できるものでもあり、自身を客観的にみることができるものでもあるのです。

できれば試合後だけでなく、

  • 練習中に気がついたこと
  • チームで確認したこと

などを、ノートに書き残す習慣にしていきましょう。

もちろん

  • 自分で感じたこと
  • こうなりたい!

と、書き殴るだけでもいいのです。

あと、一緒に

  • よかったこと
  • 達成できたこと

も書きましょう。

これは知り合いの監督に聞いたのですが、多くの選手が反省点ばかり書くことが多いようです。

ずらずらと失敗や反省ばかりが書いてあったら、読む気も書く気もなくなってしまいますよね。

とにかく、「ノートに書く」を習慣づけることが大切です!

コンコルド効果というのは、ご存知しょうか。

簡単に言えば、あれだけ時間をかけたのに辞めるのは「もったいない」という人間の心理のことです。

その心理を利用して積み上げてくと、いつの間にか書くことが習慣化しているはずです。

くれぐれも、試合中に前のプレーの失敗を振り返らないようにしましょう。

書き方のポイント

今までのことを踏まえて書くポイントを紹介します。

  1. 最初に全体的な感想を書く
  2. そこから感じた反省点や今後の課題を箇条書きにしてまとめる
  3. 良かったことや達成したことを書く
  4. 今後の課題を設定する

先ほど書き殴ってもいいと紹介しましたが、できれば慣れてきたら以上のように書くことをおすすめします。

特に、「2.そこから感じた反省点や今後の課題を箇条書きにしてまとめる」が大事です。

なぜかというと

  1. 文章がスッキリする
  2. 後日読み返したときに情報が絞り込まれるため、理解するまでの時間が短くなる

1と2は通ずるところがありますが、重要な点がコンパクトにまとまるので、どこに注意して読めばいいのかよくわかります。

この箇条書きにするというのは案外難しいもので、

  • どこに注目してほしいか
  • どこが重要か

というのが、自身が分かっていないといけません。

なので、今のうちから「ノートに書く」というのに慣れておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「継続は大事」と分かっていても、モチベーションを保つことは難しいものです。

私も、試合や練習でへとへとになった後にノート書くのは面倒で適当に書いたり、そもそも書かなかった日もありました。

これは余談ですが、私は学生のころ普通のノートを使っていたので知りませんでしたが、バレーボール専用のノートがあります。

検索すると、表紙がバレーボールの絵やぺージにコートのイラストが載ってあるのも、たくさんありました。

こういうノートを活用すれば、毎日記録することが楽しくなるかもしれませんね。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人岩越 葵岩越 葵
はじめまして、日曜日を担当する岩越 葵と申します。高校時代にミドルブロッカーとして活動していました。Webライターとして、皆様にバレーボールの面白さを伝えることを目標に執筆していきたいと思います。