コンディショニングを整えるために知っておきたい体の歪みをチェックする方法とは?

川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です !

先日、久しぶりに群馬県に高校野球部の指導で行ってきました。

久しぶりに行ったので、片道6時間は遠かったぁ。

今日は、「体の歪みをチェックする方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  • 腰痛などスポーツ障害を未然に防ぎたい。
  • 選手のコンディショニング調整をしたい。

と思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする内容を実践すると、

  • 体の歪みがあるかどうかをチェックできます。

スポーツ障害を未然に防ぐには、まず体に歪みがあるかどうかを自覚することが大事なので最後までお読みください

体の歪みを整える方法とは?

今からシェアする内容は、20年ほど前にコンディショニングトレーナー養成講座に、半年ほど通って学んだものになります。

体がゆがんでいるかどうかが一発で分かるので、今から紹介する方法はお勧めです。

まず、具体的なやり方をシェアしますね!

  1. 二人一組になる
  2. ひとりが、足と足の間の床に何か目印をおく
  3. 目印の上に立ったら目を閉じて、その場足踏みをします。
    この時、腕は肩の高さまでしっかり振って、膝は腰の高さまで挙げるようにします。
    その場足踏みを 45秒から60秒ほど行います。
  4. 1分ほど行ったら目を開けて、動いたかどうかをチェックします。
    体が歪んでる選手は結構動きます。
    1、2 Mほど動く選手もいるでしょう。
    以前チェックした選手で、一周回って元通りになった選手もいました。
    メチャメチャ歪んでいることでそうなったのですが、本人は一周回ったので歪んでることに気づきませんでした笑

足踏みをしていないもう一人は、その場足踏みをしている選手の動作を観察します。

  • 右手はまっすぐ振れているけど左手は斜めに振ってる
  • 右膝と比べると左膝が高く挙がっていない

など、左右のバランスの崩れをチェックするようにしてみてください

このチェック方法を行うと、チェックしてる人がその場足踏みしてる人を見てると笑えてきます

笑うと、その場足踏みをしている選手が自分が動いてることに気付いてしまうので、笑うのを我慢するようにしてください。

このチェック方法を行うと、目を開けているから真っ直ぐ歩いたりできているけど、閉じていたら体が歪んでいるためにまっすぐ歩けないでというのが分かると思います。

体を歪ませて歩いていれば、パフォーマンスに悪影響がありますし、怪我をしやすくなるります。

そうならないために、身体の歪みを整えることをお勧めします。

体のバランスを整える方法は、今後ブログでシェアするので楽しみにしててください!

まとめ

今日は、体の歪みをチェックする方法をシェアしました!

その方法は、目を閉じてその場足踏みをすることでした!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが、瞬達しますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。