ストレートを打つ時はブロッカーの位置を確かめる!?3つの打ち方を紹介!!

スパイク 林 みろ吉

  • ストレートのスパイクを上手く打ちたい!
  • ストレートのスパイクが苦手
  • スパイクの決定率を上げたい!

アタッカーによって、ストレートのスパイクが苦手な人もいますね。

ストレートにスパイクする時は、相手の守備位置を確認する必要があります。

なぜなら、相手のブロッカーとレシーバーの位置で、攻撃が変わってくるからです。

例えば、ブロッカーとアンテナの間の距離が広い場合は、ストレートに強打すると効果的な攻撃ができます。

アタッカーは、ブロッカーの位置で攻撃する方法や狙う場所を瞬時に判断するのです。

今回の記事では、ストレートを打つ時にブロッカーの位置を確かめる理由と打ち方を解説します。

記事を読み終わった人は、ストレートに効果的なスパイクが打てるようになるでしょう。

ストレートを打つ時にブロッカーの位置を確かめる理由は?

ストレートを打つ時にブロッカーの位置を確かめる理由は、瞬時に有効な攻撃をするためです。

なぜなら、ブロッカーの守備位置や人数によって、有効な攻撃方法が変わるからです。

例えば、相手のブロッカーが万全なブロック体勢の場合、強打が決まりにくくなります。

また、ストレートにスパイクするスペースが無いときは、ポールに当たるリスクがあるでしょう。

アタッカーは、ブロッカーの守備位置や人数を瞬時に把握して、ボールを狙う位置を決めましょう。

さらに、レシーバーの守備位置も確認して、強打と軟打を打ち分けると決定率が上がります。

相手の守備はアタッカーが多彩の攻撃をしてくると混乱してしまいます。

アタッカーは相手の守備にスキがあった場合は、狙っていきましょう。

ストレートにスパイクする3つの打ち方とは?

アタッカーがストレートにスパイクする方法としては、

  • 通常のスパイクを打つ
  • 強打でワンタッチを狙う
  • 軟打でワンタッチを狙う

の3つです。

3つの方法を打ち分けることで、スパイクの決定率が高くなるでしょう。

通常のスパイクを打つ

ストレートにスパイクする方法の1つ目は、通常のスパイクを打つことです。

これは、強打と軟打を打ち分けて攻撃する方法です。

アタッカーは、相手のブロッカーやレシーバーの位置を確認して、狙う場所を決めます。

アタッカーは、スパイクの度に攻撃を変えていきましょう。

強打でワンタッチを狙う

ストレートにスパイクする方法の2つ目は、強打でワンタッチを狙うことです。

アタッカーは、ブロッカーの手に向かってボールを打ちます。

ボールはブロッカーに手が当たると、想定外の軌道で飛んできます。

そのため、相手のブロッカーやレシーバーが反応できず、得点に繋がるのです。

ただし、アタッカーのスパイクがブロッカーに当たって、ボールが味方のコートの飛んでくる可能性もあります。

アタッカーは、ブロッカーの手に当たったボールが味方のコートに飛んでくることも想定しましょう。

軟打でワンタッチを狙う

ストレートにスパイクする方法の3つ目は、軟打でワンタッチを狙うことです。

なぜなら、ブロッカーの手を狙ったボールが軟打の場合、相手の守備が乱せます。

また、ボールをブロッカーの指に狙い、ポールに当てる方法もあります。

この方法は高度な技術や経験がいるため、習得に時間がかかります。

アタッカーはスパイクする時に、ブロッカーとポールの距離を確認してください。

仮にブロッカーがポールに近い場合は、軟打でワンタッチを狙いましょう。

攻撃の際に複数の攻撃ができるようになると、スパイクの決定率が高くなりますよ。

また、チームを勝利に導けるでしょう。

複数の攻撃方法を習得しましょう

アタッカーは、複数のスパイクを習得して、状況に応じた攻撃ができるようにしましょう。

ブロッカーの手にボールを打ち込むスパイクは、リスクが生じます。

しかし、有効な攻撃の1つになるため、積極的に習得しましょう。

アタッカーはスパイクの技術力を高めることで、自分がイメージした攻撃ができますよ。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。